« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

ゴルフと鰻

30日は会社の人と恒例のゴルフ納めに行ってきました。ゴルフ的には天候に恵まれて例年より暖かく、あまり厚着しなくてもよかったのと、同伴競技者に恵まれて(慣用句)、生涯最高スコアタイとなりました。素直にうれしい。
スコアはともかく、そんな陽気で気持ちよくプレーできたので、メンバーの満足度も高く、よかったよかった…昼食をのぞいては。茨城県のゴルフ場ですが、東関道の潮来から霞ヶ浦を見ながらアクセスした際、「佐原の鰻がうまいと聞いた」となり、4人中3人が昼食で「鰻と麦とろご飯のセット」を注文。これがかなりイマイチの内容で、特に鰻にはその「佐原の鰻」発言の先輩が立腹。絶対帰りに鰻を食うと言うことで、佐原の鰻やさんを調べて行ったら年末年始休業。しかしなおもあきらめず、成田山へ行き「菊屋」というところで、鰻二匹分を使った「二段鰻重」を全員で注文、肉厚で柔らかく、香ばしい焼き加減、そして甘めのたれ。昼の悪夢なぞ跡形もなくなり一同大満足。成田山にもついでにお参りして言うことなしの日となったのでした。

(追記)
ところで菊屋さんは内装も渋く、その全体の雰囲気が満足度を高めるのに一役かっています。おすすめです。で、さらに満足度を高めるきれいな若女将(かな?)に、なぜ成田山参道に鰻を供する店が多いのか聞いたところ、利根川や印旛沼でとれる新鮮な川魚を鰻に限らず提供していたため、とのこと。なので現在も菊屋のメニューに鯉こくなど川魚料理が残っています。さらに追加情報として、現在の菊屋の鰻は利根川や印旛沼産ではなく、一定の品質のものを安定的に仕入れるため、浜松の養殖物を使用していることも教えていただきました。天然物はどうしても大きさにばらつきがあるのがネックらしいです。参道沿いの菊屋さんのお隣はその鰻をさばく調理場で、たくさんの職人さんが寒い中窓全開で正月向けの大量の鰻の下ごしらえに汗を流しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

アメリカ西海岸旅行記 13

2006年9月12日 火曜日 晴れ (4日目 グランドキャニオン その2)
マーサーポイント
グランドキャニオン鉄道到着でにぎわう駅前から、無料の公園内循環バスに乗って、本日より3泊する(※1)マズウィックロッジへ。このホテルは4時までチェックインできないので、本日より宿泊の旨を申し出てフロントに大荷物を預かってもらう。再度バスに乗り、公園の東外れにあるキャニオンビューインフォメーションセンター(CVIP)へ。建物前の掲示板に書かれた3日間の天候をチェックすると、すべて”Mostly Sunny”ということで安心。
0219日本語と英語のガイド新聞(※2)をもらってマーサーポイント(※3)へ。多くの観光客でいたが、広いので少ない眺望ポイントに人がごった返すと言うことはない。広いため様々な地点からこれぞ「グランドキャニオン」という風景が目に飛び込み、いよいよ来たという興奮もあって沢山シャッターを切る(※4)。多分30分ほど滞在して再度CVIPに戻るが、どうも疲労が激しい。やはり夜行で深く眠れない上に早朝起床だったことと、照りつける太陽で旅行中1番の暑さになっていることが効いているのだろう。寄る年波による体力低下のせいではない、多分。CVIP前の売店でジュースを飲んだり座ったりして休憩してから循環バスに乗車したが、この車中でも眠ってしまう。
結局バスがロッジに到着した4時に即チェックイン。部屋はフロントと食堂がある建物とは別になっていて、二階建てのアパート然としたのものが数棟あり、車で来た人は自分の部屋の前に車をとめられる。部屋にはいると扇風機がごうごうまわっていて、むっとした空気がこもっている。これは外気を取り込める窓が通路側にしかないため、開けっ放しにしたりできないため。さらにカーテンも引いたままにせざるを得ないので、真っ暗。まあそれ以外は広い部屋と広いベッドとバスタブのある広い風呂は十分以上。なんて印象を持つのは後の話で、疲れた体を休めるため早速風呂に湯を満たして体を洗い、ベッドに入り19時まで寝た。復活したので食事へ。「シェフのチキン」とやらを食すが特別うまくない。部屋に戻り日記を書いて就寝。
Map1
↑シャトルバス経路と観光スポット(今回の登場ポイントつき)
※1:この予約が大変だった。旅行2ヶ月前にラスベガスから飛行機で往復する2泊のツアーを申し込んだのだが、ホテル満室という理由で断られたため、国立公園の予約サイトへアクセスしてみたところ、なんとか2泊分確保。どうせならもう1日と思い毎日チェックしていたら、1ヶ月前に大量のキャンセルが出た(多分旅行会社が押さえていたのだろう)別のロッジを1泊確保したのち、さらに1週間後2泊確保していたマズウィックロッジにも空きが出たので3泊に変更し、前に確保した1泊をキャンセルした(手数料なし)。この後も時々チェックしていたが、大量のキャンセルはないものの、ぽつぽつと空き部屋は出ていた。すぐ埋まるけど。いやあインターネットがあってよかったです。なお今回の部屋の値段は一泊約80$でした。
※2:「The Guide」という新聞状のもので、中央の案内地図が見やすく便利で、抜き取って使っていた。英語版以外はカウンターに申告するともらえる。
※3:展望台の眺望はグランドキャニオン1、2を争うすばらしさで、旅行ガイドのパンフレットに登場する写真はほとんどここからのものらしい。滞在の短いツアーでも絶対によるポイント。
※4:9枚写しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

アメリカ西海岸旅行記 12

2006年9月12日 火曜日 晴れ (4日目 グランドキャニオン その1)
グランドキャニオン鉄道
ウィリアムズ・ジャンクション駅はホームなどなく、地面に直接下車。この駅はほぼこの後に乗るグランドキャニオン鉄道(※1)との乗り換えのためにあり、何もない所にぽつんとあるらしい。ということでグランドキャニオン鉄道駅への送迎バンが線路に横付けされており、荷物をトレーラに置いて乗車。バンの乗客は8名。うち3名はグランドキャニオン鉄道とは関係のない人のようで、まあ少ないものよ。夜道を10分ほど走り、グランドキャニオン鉄道のホテルに到着。2組の夫婦はチェックインしてしまった。要するに夜行で入り即この鉄道に乗る奇特な輩は私1人だけということになる。とりあえず追い出されないようなのでロビーで日記を書いて時間つぶし。幸い早起きした人などでロビーに一人きりということはなかった。宿泊客用のフリーコーヒーがほしくてたまらないが、ガマン。
7時になるとロビーに出入りする人が多くなってきたので、外へ出て付近を探索。駅に隣接してレストランを発見。荷物を持ってホテルを出てブレックファーストを食す。サラダコーナーへ行くとポリッジとフルーツしかなくパス。なぜ野菜がないのか。メインはソーセージなどで普通だがパンやトーストがなく、ホットケーキ、ビスケット、フレンチトースト。どれも甘くしないと食えない。最後にサラダコーナーでメロンを食して終了。メロンは甘くないがぜいたくいうまい。
8時になって駅が開いたのでそのまま入り、うろうろしたり日記書いたり。そのうちに9:30から駅構内で始まる”wild west”ショーを見るため客が移動するので私も移動。ユニバーサルスタジオのようなアクションとかあるのかと思ったら軽妙な掛け合いが繰り広げられる寸劇のような内容。多くの人が笑っていたので、おもしろいのだろう。私はやりとりについていけず、ニュアンスで何となくわかったところに微笑するのみであった。9:45列車乗車開始したがアムトラック発行の切符では乗車できないといわれ、窓口に戻り指定券の引き替えを急遽行う。
Imgp1267Imgp1268
10:00ウィリアムズを出発。指定された席は窓と窓の間だったが、他の人を含め席に余裕があり、それぞれ乗務員に移動を促された。グランドキャニオン鉄道は夏の間、蒸気機関車と古い客車も運転され人気が高いのだが、レイバーデー(9月4日)で運行は終了し、今回は通年運行の一世代前くらいのディーゼル機関車+客車。移動して窓のある席に移ったものの、景色は黄土色の土に草が生えている草原地帯を淡々と進み、変化が非常に少ない。車窓で魅せるには限界があると鉄道会社も考えているのか、ウェスタン衣装を身にまとったギター弾き語りの人が登場し、カントリーソングを中心に30分ほど歌っていた。結構芸達者で客からサングラスとベースボールキャップを借りてラップ調で歌ったり、出身地を聞いてそこのご当地ソング?を歌ったり、軽妙なトークをしたり(多分)、皆を楽しませていた。最後はもちろん?「カントリーロード」合唱でしめていた。で列車の方はというと順調に走っていたものの、終盤の上り坂で速度が落ちてるなと思っていたらやっぱりそうで(※2)、結果15分遅れて12:30頃グランドキャニオン駅に到着した。
Imgp1272Imgp1276Imgp1280
Imgp1285Imgp1288
※1:ウィリアムズ〜グランドキャニオンを結ぶ鉄道。1901年開業。
※2:どうも機関車の不調のようで、翌日は別の機関車が先頭に増結され、翌々日はその別の機関車のみで運転していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

アメリカ西海岸旅行記 11

2006年9月11日 月曜日 晴れ (3日目 シアトル→ロサンゼルス その3)
サウスウェストチーフ号
ハリウッドからアムトラックのロサンゼルス・ユニオンステーションへの戻りが18:30。18:45出発のシカゴ行きサウスウェストチーフ号(※1)はすでにチェックイン終了(※2)だったので、近くのサービスカウンターでやってもらい、チケットの"Train"欄に"4"と書いてあったので4番線にダッシュしたが列車はいない。ホームへの通路にも案内がないのでコンコースまで引き返し、発車案内表示で確認(最初からそうしろ)。どうも"4"は列車番号らしく、番線は12でした。ということで再度通路を奥まで走り汗だくで列車に乗ったのでした。
Imgp1251Imgp1259
18:45定刻発車。列車はものすごい広さのリクライニングシート(※3)で、新幹線のグリーン車より広く、私の短足では足がフットレストに届かない。が、レッグレストがあり、そして飛行機より深いリクライニングと、まあ寝やすそうではある。2階建ての上にいるのだが、特にすれ違う列車もなく、比較対象物がないので展望良好ということはない。悪くもないけど。窓は日差しよけのフィルムが張られていて、写真は撮りにくい。ちょっとイマイチ的記述が続いてますが、照明も暗めで落ち着いた過ごしやすい雰囲気でした。夕食を買いそびれたので7時過ぎの営業開始のアナウンスと同時に隣のラウンジカーへ行き、レンジでチンした長い(30cm以上だと思う)ハムチーズパンとビールで満腹。食事が終了したらラウンジカーからはそそくさと退散し、自分の席に戻って本を読みふける。途中、売店で一緒になり、ラウンジで奇妙な人柄を振りまいていた陽気な兄さんが自分の席の前を通った際、握手とポテトチップをもらい、さらに本を読む…と飛行機から読み続けていたので終了してしまった。おそらくは機関車の付け替えで一時的に車両への給電がストップし停電になったときは、真っ暗で本が読めなかったのでPHSにダウンロードしたゲーム(※4)で時間をつぶした。出発時に思い立ってスカイライナーで落としたのが役に立ってよかった。本が終了した時点で10時過ぎだったので就寝。
Imgp1261
・・したもののあまり深く眠れなかった。原因はやはり座席ということ、係員が起こしてくれるとはいえ朝4時に起き下車しなくてはいけないこと、なにより最大の理由は「寒い」こと。冷房がガンガンに効いていて、事前に情報を仕入れていて長袖などを着ていたのだが、焼け石に水。毛布がほしかった。実際先述の停電のとき冷房も一瞬止まったのだが、そのときの室温が一番丁度良かった。ということで係員に起こされることなく4時には目が覚め、あぐらをかいて腕組みしながら体を縮めて寒さをしのいでいたら、係員から「あと10分で到着」と促され、階下の乗降口へ。眠れない乗客が係員と話していた。未明のウィリアムズ・ジャンクション駅に定刻より少し遅れた4:30頃到着。
※1:ロサンゼルス〜シカゴを43時間かけて走る列車。1日1往復。
※2:乗車1時間前からチェックインが行われるらしい。チケットを窓口で受け取ったときに多分そういわれた。パスポートなどをチェックして、チケットにスタンプを押す。確か。
※3:寝台車もあるが、自分の乗った区間で約190$追加料金が発生する。ただ食堂車での夕食・朝食とシャワーがついている。今回の場合早朝4:30に下りる自分は朝食が食べられないのと、なにより高いため断念。
※4:今はPHSも進化してるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

12月の壁紙

今月の最初の出社は5日なのですが、壁紙はつくっておきました。シアトル→グランドキャニオンときてサンフランシスコです。なんであるかは説明不要なほど有名なケーブルカーです。って説明してますね。実際の旅行はここで終了だったので、来年1月からは過去の旅の写真から選ぶ予定です。毎月新しいのつくるなんて・・なんてことはじめてしまったのだろう。ネタもつかな。
Sanfrancisco1024button1280button

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »