« アメリカ西海岸旅行記 13 | トップページ | 今年の年賀状 »

2006年12月31日 (日)

ゴルフと鰻

30日は会社の人と恒例のゴルフ納めに行ってきました。ゴルフ的には天候に恵まれて例年より暖かく、あまり厚着しなくてもよかったのと、同伴競技者に恵まれて(慣用句)、生涯最高スコアタイとなりました。素直にうれしい。
スコアはともかく、そんな陽気で気持ちよくプレーできたので、メンバーの満足度も高く、よかったよかった…昼食をのぞいては。茨城県のゴルフ場ですが、東関道の潮来から霞ヶ浦を見ながらアクセスした際、「佐原の鰻がうまいと聞いた」となり、4人中3人が昼食で「鰻と麦とろご飯のセット」を注文。これがかなりイマイチの内容で、特に鰻にはその「佐原の鰻」発言の先輩が立腹。絶対帰りに鰻を食うと言うことで、佐原の鰻やさんを調べて行ったら年末年始休業。しかしなおもあきらめず、成田山へ行き「菊屋」というところで、鰻二匹分を使った「二段鰻重」を全員で注文、肉厚で柔らかく、香ばしい焼き加減、そして甘めのたれ。昼の悪夢なぞ跡形もなくなり一同大満足。成田山にもついでにお参りして言うことなしの日となったのでした。

(追記)
ところで菊屋さんは内装も渋く、その全体の雰囲気が満足度を高めるのに一役かっています。おすすめです。で、さらに満足度を高めるきれいな若女将(かな?)に、なぜ成田山参道に鰻を供する店が多いのか聞いたところ、利根川や印旛沼でとれる新鮮な川魚を鰻に限らず提供していたため、とのこと。なので現在も菊屋のメニューに鯉こくなど川魚料理が残っています。さらに追加情報として、現在の菊屋の鰻は利根川や印旛沼産ではなく、一定の品質のものを安定的に仕入れるため、浜松の養殖物を使用していることも教えていただきました。天然物はどうしても大きさにばらつきがあるのがネックらしいです。参道沿いの菊屋さんのお隣はその鰻をさばく調理場で、たくさんの職人さんが寒い中窓全開で正月向けの大量の鰻の下ごしらえに汗を流しておりました。

|

« アメリカ西海岸旅行記 13 | トップページ | 今年の年賀状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190891/13276332

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフと鰻:

« アメリカ西海岸旅行記 13 | トップページ | 今年の年賀状 »