« アメリカ西海岸旅行記 16 | トップページ | アメリカ西海岸旅行記 17 »

2007年2月11日 (日)

お気に入りの映画

英会話に通っていると、たまにテーマを与えられてスピーチするというようなことがあります。で、先日のテーマがこれ。正直困りました。私は映画をほとんど見ません。海外旅行の飛行機内で見るのが1年のすべてです。さらにドラマも全く見ません(※1)。以前与えられた「人生で最もうれしかったこと」でも苦悩(※2)したように、「あなたはどう?」など「自分」に焦点が当たると日本語でも反応が鈍くなってしまいます。
このテーマで思い出すのは中学生の頃、朝の連続テレビ小説を見て涙した記憶です。確か「心はいつもラムネ色」というタイトルで、赤紙により出征することになった親友から大切な宝物(たぶん研究の成果)を預かる場面(だったと思う)を見て、なぜか涙ボロボロ。嗚咽とか悲しいとかなく、ごく自然に涙が落ちてました。母親から「あんたなんで泣いてるの」なんていわれる始末。
とはいえこれは映画ではないので、ここで思考が止まってしまいました。映画といえば・・小学生の頃「E.T.」を今は無き東急文化会館で見たのですが、大変な混雑で立ち見が出る状況の中、通路に座って鑑賞しました。作品は多分感動したのですが、それよりも鑑賞後、頭痛と吐き気に苦しみながら渋谷の街を歩いた印象の方が強く、すっかり映画館と聞くと身構えるようになってしまいました。今思うとあまりに人が入りすぎたために酸欠になったのでしょうか。
結局この酸欠ネタを作文にして発表しました。イケてませんね。つっこみどころ満載なので質問も多数受けさせられたのですが、その中の「映画で重要なのはなんだと思う?ストーリー?それとも・・」的なものに、ふっと「シザーハンズ」を思い出しました。テレビで見たものだけど、うん、あれは美しいストーリーでした。よし今後はお気に入りの映画はこれでいこう! でもそこに至るまでに、飛行機で見たお気に入りは「マスク」とか、好きなジャンルは多分コメディとか、この間機内で見た「ダヴィンチ・コード」「XーMEN」は今ひとつだった(※3)などと言ってしまったので説得力ないですね。
結局自分の傾向というか嗜好としては、
1.人間ドラマというか、友情、心のやりとり、信念が周囲を変える、など人間賛歌的なものに弱い
2.コメディなど、単純に楽しめるものは好き
ということになるようです。長々と自分のことを語ってしまい失礼しました。

※1:「ER」は見ていましたが、ドラマ中のグリーン先生が引退したのを契機に、自分も卒業しました。
※2:このテーマも即答できず、mixi日記で告白文章を作りながら「う〜ん、大阪近鉄バファローズが代打逆転サヨナラ満塁ホームランで優勝を決めた時、球場で実際に見ていて心の底から興奮して、あの時はうれしかったなあ。」という結論に達しました。このブログのプロフィールでも利用しています。
※3:「ナチョ・リブレ」(当時日本公開前)を見れば良かったと、今でも後悔しています。

|

« アメリカ西海岸旅行記 16 | トップページ | アメリカ西海岸旅行記 17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190891/13866511

この記事へのトラックバック一覧です: お気に入りの映画:

« アメリカ西海岸旅行記 16 | トップページ | アメリカ西海岸旅行記 17 »