« イタリア旅行準備:ビデオ学習 | トップページ | 7月の壁紙 »

2007年6月25日 (月)

向こう側の人

今朝、自宅最寄りの地下鉄駅の入り口で、参院選に立候補を決めた元タレントさんの1人が立ってあいさつしていました。あまりに近くに普通にいたので、一瞬呆気にとられた感じに。なんというか、この間までブラウン管の向こう側にいた赤の他人なんだけど、知り合いに会ったかのような錯覚。テレビでも政治でも遠い世界のはずなのに、不思議です。
そういえば昔(10年以上前)同じようなことがあったのを思いだしました。あれは確か八ヶ岳の喫茶店。食事が終わり、お店の物販スペースに行こうと通路を歩いていた時、「柳生博」さんとすれちがいました。ハンターチャンスの人です。そこで私のとった行動が変なのですが、思わず会釈をしてしまいました。そう、まるで知り合いにあったかのように。一瞬の間をおいて自分の間抜けさに気づき、友人ともども笑ってしまいました。そのときすでに柳生さんはお店を後にしていましたが、同じように笑っていたかもしれません。柳生さんもそのときは会釈を返してくれましたんですよ。いい人でした。
本当は昨日ラグビーの国際試合を見に行って、観戦後に居酒屋で飲んでたら、日本ラグビー協会の人と代表監督に遭遇した・・という話とからめようとしたのですが、柳生さんのことを思い出してしまいました。もういいか。

ところで「ブラウン管の向こう側」って、もはや死語なのだろうか。「液晶の向こう側」とか「プラズマの向こう側」っていうのかなあ。あっ「画面の向こう側」かな。まあこれもいいか。

|

« イタリア旅行準備:ビデオ学習 | トップページ | 7月の壁紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行準備:ビデオ学習 | トップページ | 7月の壁紙 »