« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

イタリア旅行雑記:旅の写真

旅行から帰ってフィルムのものは写真を現像しました。さきほどようやくスキャナでの取り込みを終えたのですが、デジカメ写真とあわせた枚数が・・504枚。デジカメ導入で飛躍的に記録を伸ばした昨年のアメリカが428枚だったので、大幅な記録更新です。
デジカメを導入してから、ゆっくりきちんととるときはフィルム一眼、ちょっとしたスナップや身動きがとりにくいときはコンパクトデジカメと使い分けているのですが、枚数の半分がデジカメなので、思い立ったらスナップするという行為が枚数を増やしていると思われます。ただイタリアは街並みなど「絵になる」風景があまりに多すぎる。そりゃシャッター押しちゃいますよ。今イチだったら消せるし。
で「絵になる」のはフィルムの消費スピードも増すわけで。こちらは消すことなどできないので、どんどんなくなるフィルムに、最終地のローマまでもつのかとひやひや。ローマ到着時点残り2日で36枚フィルム1本。デジカメの予備メモリを動員してなんとか乗り切りました。
フィルムと言えば今回は家族が使って余っていたのも持って行ったのですが、そのうち一つがX線の被害にあっていたのが少しショックでした。おそらくは今回ではなく、家族が以前に持って行ったときだと思われます。まったくダメということではなく、多少画像が荒くなったりした感じなので、なんとか・・あきらめられました。
ということで、残りのフィルム枚数であせったり、X線の被害に気をつけたり、高い現像代で沢山ポイント貯めたり、旅行のたびに分厚いアルバムが増える、などの状況を解消するため一眼デジカメを買うことに決めました。今回すべてのフィルムも使い切ったし。でも今回の旅行がユーロ高で金欠必至なので、あせらずに選ぶことにします。

| | コメント (0)

2007年9月20日 (木)

即答できません

本日(書いている途中で昨日になった)会社に電話がありました。外国から。昔その国に駐在して現在は転職された方への電話でした。不幸にもその電話をとってしまった私。「ちょっと待って」と保留したものの、周囲はほとんど帰って英語ができる人はなし。ということで、「あいむそーりー。あい きゃんと すぴーく いんぐりっしゅ。」と言ったものの、向こうが察して切ってくれない。その後は・・もうだめだめでした。落ち込んだ帰り道、今更いろいろと英文が浮かんでくるのは、旅で失敗したときとかと同じです。その場ではどうしても日本語の答えが頭をぐるぐるして、英文が出てこないのです。成長してないなあ。悔しい。

あ、月曜日に旅行から帰りました。色々ありましたが、そのうちのろのろと旅行記を書いていきます。でもまだペルーが途中だなあ。写真も現像しました。デジカメとあわせた枚数たるや・・。これもまた書きます。


↓コメントがありましたので追記
「あいむそーりー。…」ですが、はい。面倒なので逃げようと。あと同僚(先輩)がいてはずかしかったので…すみません。いいわけになりませんね。30日はお手柔らかにお願いします。

| | コメント (1)

2007年9月 8日 (土)

イタリア旅行:行ってきます。

ブログ上ではずかしい準備状態をさらしつつここまで参りましたが、いよいよ本日イタリアへ出発します。
会社では何人かに声をかけられましたが、2言目には「台風が通り過ぎてよかったね」と言われました。その通りです。今回は宿だけでなく、鉄道までけっこう予約しまくったので、最初の飛行機が欠航とかされると、あとあと面倒で。
また3言目には「スリに気をつけて」。イタリアは旅行経験者が多いせいかけっこう言われました。私も処女海外旅行のスイスから半日だけミラノに入ったときに空気の違いを感じたので、10年以上の経験(あやしいけど)を経て感じ方が変わるか、怖いようで楽しみなようで。変な感じです。
あと最後には「イタリアいいなあ」と加えられます。行った人も行ってない人も、いいイメージを持つ国のようですね。自分は行った後でどんなイメージを持つのでしょうか。
ともかく、元気で楽しく過ごしてきたいと思います。それではまた。

| | コメント (0)

2007年9月 1日 (土)

9月の壁紙

Cal
1024button1280button
いや今日から9月だということを一瞬忘れていました。平日ならば学生が復活して朝の通勤が平常に戻ったりして、いやでも気づくのでしょうが。気候も本当は残暑などまだまだ厳しい時期のはずですが、すっかり涼しくなって拍子抜け。昼はまだまだ蝉が鳴いていますが、夜になると鈴虫など秋の虫の声が聞こえるようになりました。
で今月の壁紙ですが、先月吐露したとおり画質の悪いシリーズはひとまずやめにしまして、今回は昨年旅行したアメリカから選んでみました。場所はロサンゼルスでハリウッドの近くの有名な壁画です。この壁画の存在は英会話学校のテキストかに(確か)掲載されていて知ったのですが、アメリカ行きが決定してロサンゼルスの行きたいところを考えたときに、真っ先に思い浮かんだのがこれです。が、場所がなかなかわからない。インターネットで検索して、ハリウッド近辺にあることはわかったのですが、ガイドブックには載っておらず。結局ガイドブックの地図に「壁画」とだけ書いてある印を発見し、色々あってグランドキャニオンへ向かう夜行が出発するまでの1時間半という制約の中、地下鉄でハリウッドへ行き、ハリウッドサインを見て、この壁画を撮影し、戻るということをしたのでした。地球の歩き方では壁画は2つあるように地図では示されていましたが(※)、発見できたのはこの一つ。でもお目当てはこちらなので問題なし。壁画は街中の一般のビルの1階にあるので、全面を撮影するには上下1車線ずつ歩道付きの道路を挟むしかなく、車のいない状態になるまでしばし待ちました。1枚目の壁画探しでのロスもあり、戻りが列車出発ぎりぎりになったのは、ちょっと失敗でしたが。
せっかくのロサンゼルス、もっと色々行けば・・という意見はあるでしょうが、私としてはこの絵が見れたのでもう十分です。アメリカ西海岸のガイドブックの先頭にかなりのページを割いて掲載されているロサンゼルスですが、私的には「ぐっ」とくる場所は、まああまりなかったので。本当、私的にあとはホットドックの店「ピンクス」とドジャースタジアムくらいですか。皆さんはどうなのでしょうか。

※あとでJTBの「ワールドガイド」を見たら、地図上に一つしか表示がなかった。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »