« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

ADSLトラブル

昨年末頃からADSLの調子がおかしく、頻繁に接続が切れるようになった。回線が切断されるとモデムは接続を復活させるべくリトライをつづけたあげく、拒否され続けて高熱にうなされることが多くなったので、電源を切ったり外で頭を冷やしてもらったりしながら、だましだまし運用していたのだが、今年に入ってからは回線速度の低下が著しくなり、画像が多いページや動画があるページだと表示がにぶくて耐え難い。gooのスピードテストのサイトで測定すると0.08Mbps。メガとか言うと失礼で80Kbps。ダイヤルアップか!ということでプロバイダーに連絡、帯域調整なるものをしてもらうことになった。結果、頻繁に切断されることはなくなったが、速度の低下はかわらず。スピードテストで0.1Mbps。モデムの状態表示をすると128Kbpsと表示。いまどきPHSでも256Kbps(以上)出るというのに。
ADSLの初期からやっている私ですが、こういう状況になったのはこれで3回目。その経験上この場合はモデムの交換がいいと思うのだけど、モデムは回線業者からのレンタル。で交換条件は完全に壊れていること。すなわち電源が入らない状態にならないとダメで、時々回線が切断されてもつながる状態にあれば、帯域調整などで対処されるのです。2回目の時はこれを繰り返したあげく最終的に壊れ、モデムの交換となりましたが、1回目はサポートセンターに電話しながら業を煮やし、その場で当時の契約を解除、同時に通信スピードは1.5Mbpsに落ちるけど安いというコースを申し込んで2ヶ月料金無料をゲットしたのでした。もともと家は電話局から少し遠く(3Km)、ADSLの速度劣化があるので、8Mbps以上でも1.5Mbpsでも大して変わらないのです。でも結果的にモデムを交換して速くなったので大満足でした。
そして今回、再びこの手法を用いました。時代を経て現在の1.5Mbpsより8Mbpsの方がわずかに安くなっていて、モデムはプレゼントされるとのこと。これならまたいつか調子が悪くなったら自分で調達すればいいのでしょう(多分)。前のように一旦契約を切って、再度申し込むと変更手数料と2ヶ月料金無料もついてきたのですが、これをすると2週間以上ADSLを使用できなくなるので、当時と違い親も使っている今、変更手数料(プロバイダ:3150円+NTT:3200円くらい)がかかっても当日に切り替えられる方を選びました。それにしても変更手数料高いなあ。何するんだ。まあもういいけど。

| | コメント (0)

2008年1月13日 (日)

雨男じゃないつもりですが

今日はゴルフの日でした。ということで朝7時に出発して一路栃木県の矢板へ(安いんで)。前日の雨も上がり、風はあるものの晴れてやれやれと会話しながら北上していたら、佐野を過ぎたところでゴルフ場から着信があり、なんと前日の雨が雪となって積もってしまい、ゴルフ場クローズとのこと。がーん。ということで栃木インターで引き返し、朝9時半に自宅に帰着しました。
明日にはクリスマスプレゼントのアイアンが届くことになっていて、今日は今まで使っていたアイアンのお別れラウンドのつもりでいたのですが、とんだ幕切れになってしまいました。
昨年末の「鰻&ゴルフ」でも、晴れたり・曇ったり・雨降ったり・雷なったり・雹降ったりする中でのプレー(雷雨と雹の時は運良く昼食中で切り抜けられたのですが)で、今回は雪と、最近天候と相性が悪いです。まあしかし今日はプレーできていても、あの強風では・・。まあクローズでよかったということにしましょう。

| | コメント (1)

2008年1月 6日 (日)

イタリア旅行記 11

2007年9月11日 火曜日 晴れ (4日目 シエナ→フィレンツェ その1)
シエナからフィレンツェへ
昨夜も10時頃に寝てしまい、直後の深い眠りの後で真夜中に目覚めと浅い眠りを繰り返す半時差ボケ状態で6時半起床。日記書きの後、7時に昨日の人混みで撮りにくかった街のスナップを何枚か収めようと朝の街に繰り出す。朝の通勤か人の往来はそれなりにあり、旧市街の石畳から発する足音が狭い道の両側に迫る建物に反響する。メインストリートからいくつもの小道が分かれており、いくつかにちょっとおじゃまする。道はより狭く車一台が通れるくらいなので両側の建物が高く感られ、下の方は暗い。両側の建物を結ぶ渡り廊下のようなものも沢山あったのが印象に残り、何枚もスナップしてしまった。
Siena27_0412Siena30_d056Siena33_d059
Siena35_d061Siena37_d063Siena38_d064
30分ほどでホテルに戻り、朝食。ホテル内に食堂はなく(※1)、向かいのカフェでの提供であった。チケットを出すとパンを選べと言うので適当に指さして選んだ甘いパイ状のパン1つとカップヨーグルト、オレンジジュースがトレイに乗せられた。コーヒーは今朝はカフェラッテを選択してみた。あとで運ばれてきたラテはカップではなく厚手のグラスでやってきたが、暖かくてなかなかおいしかった。
8時半頃チェックアウトし、駅まで歩く。時刻表になくても途中のEmpoliまでは30分ごとに列車はあると思って(※2)余裕こいていたが、駅の電光ボードで最初の発車はES*Link(※3)という表示。これはバスなのだが、この時点ではわかっておらず(※4)、ハテナマークを出している間に出発してしまう。結局9時18分発の普通フィレンツェ行きに乗車となった。これは30分後にでる次のES*Linkにフィレンツェで追いつかれてしまうのだが、すでに券売機で切符を買って打刻もしたし、バスより列車に乗りたいし、帰ったら調べるということでよしとする。
でいろいろ書いたが、自分の乗った3両のちょい古のディーゼルカーは結構満席に近い盛況だった。フィレンツェでの行動を考えたり、日記を書いたりして、11時頃フィレンツェ着。そういえば昨日今日と検札はなかった(※5)。まあこんなものか。
Siena42_d068

※1:ホームページでは朝食を供する食堂があるということで、部屋の写真も載っていたが、変わった模様
※2:2008/01/06現在調べたところ、基本的にはEmpoliまでは30分間隔で2本に1本がFirenze直通。(EmpoliはPisaとFirenzeを結ぶ路線との乗換駅)ただし私が乗車した9時18分の次はなぜか10時41分になっているので、やっぱりきちんと調べておくべきですね。
※3:イタリア鉄道の高速バスサービス。全席指定制。案内ページはこちら
※4:このES*Linkはトーマスクックの時刻表にも列車と同一の場所に併記されており、ユーロスターにフィレンツェで接続する列車なんだと思っていた。
※5:何度も書くが、普通列車では一度も検札が無かった。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

懐メロなんだなあ

テンションが妙なときに書いた文章が、下書きのまま残っていました。誰も求めちゃいないですが、もったいないので、いろいろな点で外していることを承知の上で垂れ流します。いつもすみません。
--------------------------------------------------
クリスマスのパーティで刺激を受けたのか、久々にTSUTAYAへ行きCDを借りようという気になった。決して年賀状の作成に行き詰まったからではない。最近の音楽事情には疎いので特にこれといった目当てはなかったのだが、5枚で1000円というキャンペーンをやっていたので、興味の向くままに手にとってかごに入れていった。
そのうちの一枚が「CLIMAX ~DRAMATIC SONGS」で、これだけ返却期限が早いので最初にiTunesに取り込み、そのまま聞いていたが、もうあまりの自分的なストライクっぷりに、ただひたすらにうけとめるぜ涙の伴宙太てな感じ(意味不明)。
内容は以下の通り:
LOVE LOVE LOVE(DREAMS COME TRUE)/ラブ ストーリーは突然に(小田和正)/TRUE LOVE(藤井フミヤ)/SAY YES(CHAGE and ASKA)/幸せな結末(大滝詠一)/LA・LA・LA LOVE SONG(久保田利伸)/TOMORROW(岡本真夜)/人魚(NOKKO)/田園(玉置浩二)/今すぐKiss Me(LINDBERG)/約束の橋(佐野元春)/大切なあなた(松田聖子)/Make-up Shadow(井上陽水)/Hungry Spider(槇原敬之)/Say Anything(X)/君がいるだけで(米米CLUB)/PRIDE(今井美樹)/Time goes by(Every Little Thing)/サボテンの花(財津和夫)/空と君のあいだに(中島みゆき)/フレンズ(レベッカ)/壊れかけのRadio(徳永英明)/世界中の誰よりきっと(中山美穂&WANDS)/ひだまりの詩(ル・クプル)/You're the Only…(小野正利)/GOLDFINGER'99(郷ひろみ)/サイレント・イヴ(辛島美登里)/今を抱きしめて(NOA)/碧いうさぎ(酒井法子)/悲しみは雪のように(浜田省吾)

--------------------------------------------------
まあ文章はともかく。CDは90年代のドラマの主題歌や挿入歌からの選曲で、自分はドラマを全く見ない人ですが、カウントダウンTVや他人が歌うカラオケなどで本当によく聞きました。今回改めて聞いて懐かしいような、ほっとするような、なぜだか心地良かく、いい時間を過ごした気分になりました。iTunesとiPodにとりこまれたので、3300曲からのシャッフルで、どの曲がいつ登場するのか楽しみにする最近です。

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

2008年1月の壁紙

Cal
1024button1280button
さて私の会社は明日から仕事始めです。悪化した体調も元旦にブログをアップした時をピークに(そんなときに書くなというツッコミごもっとも)快方に向かい、本日はすっかり回復しました。念のため家でおとなしくしていますが、明日は残念ながらきちんと出社できそうです。
さて新たな年に私と1日8時間相対する写真としまして選びましたのは、昨年に引き続きイタリアからピサのドゥオモと斜塔です。旅行記にも書きましたが、少々沈んだ赤茶色の街から城壁をくぐると忽然と現れる白い建物群と緑の芝生の鮮やかさが印象的でした。あとは斜塔が想像以上に傾いていること、芝生には(特に斜塔付近に)多くの人が座ったり寝ころんだりしてくつろいでいることも思い出されます。そして…リュックの鍵の暗証番号を誤って変更してしまい、あせって0からあわせていったことはもう本当忘れられませんね。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

2008年の年賀状

20082あけましておめでとうございます。
さて昨年末から1人で騒いでいたPhotoshopによる年賀状作成ですが、お試し版ダウンロードにより環境は整えたものの、デザインは浮かばずやる気も出ず。結局昨年夏のイタリア旅行でお気に入りで、10月の壁紙で使用したアルベロベッロの写真を使用することに決めたのが24日。デザインアイデアを思いついたのが27日で、高機能ソフトのメニューの多さに四苦八苦しながら仕上げたのが29日。この日に宛名を含めた印刷を終え、結局すべてにコメントを書いて投函できたのは31日になってしまいました。そんな難産の末に作成したデザインは、iPodtouch風というか要するに結局パクリです。というかパクリっぽくなっているでしょうか。どうせなら。下半分は巨大空間になっていますが、そのうち半分は住所・氏名・メアドが実際は印刷されています。
前年の日記を見たら宛名印刷で効率的になり昨年より早めに仕上がったなどと書いていますが、今回は今までで一番遅いです。去年の私は思い上がりでした。そしてばちがあたったのでしょう。今この時点、体調をくずして熱を出してしまいました。体の芯から悪寒が断続的に責めてきます。正月三が日、悲しいかな何の予定もないのが幸いです。外もこの冬一番の寒さ、身もブログの内容も新年早々の寒さになってしまいましたが、心は冷え切らないよう一年を頑張って行こうと思います。
ここにたどり着いた皆様の一年の健康と幸せを願っています。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »