« はや〜い | トップページ | もりだくさん »

2008年2月17日 (日)

メガネ買いました

最近メガネのレンズに細かい傷が目立つようになり、汚れも取りにくくなってきました。そして左側の強度がどうも弱いような気がするなとレンズと柄の付け根部分を見るとフレームにひびが入っているのを発見。さすがにこれは限界だなということで、今月に入って週末は眼鏡屋さん巡りをしていました。
しかし最近のメガネのレンズのまあ小さいこと。そして全体的に吊り目傾向で直線的。かける前からこれは…と躊躇してしまいます。
そしてお店が多様になりました。定額・低価格がウリのお店に入ると、若者が(特に女性)がわんさかいて、おじさん違和感ありまくり。一応モノを一瞥するものの、そそくさと退散。それではと品揃え豊富な老舗チェーンへ行くと、にこやかに店員さんが近寄ってきて、どうぞお試し下さいとのたまう。しかしその店員さんの視線が気になってしまい落ち着けない。なんというか、お試し下さい→どのようなモノをお探しですか→こちらなどいかがですか…と手取り足取りの3段活用で流されてしまいそう(考えすぎ)。しかも値段もピンキリなので流された先が、すごい値段かもいう恐怖も。まあ要はほっておいてほしいのです。
で今回、そんな面倒な私にも好印象な「眼鏡市場」というお店を新宿で発見。品揃えもほどほどで、値段もレンズ込み¥18,900とまあまあ。店員さんも基本はほっておいてくれ、落ち着いて選べました。で選んだのが下の写真のもの。
Imgp2700Imgp2703
”JEAN RENO EYEWEAR”と書いてあって、俳優のジャン・レノとの共同企画製品とのことです。ここに行き着くまでは周囲のアドバイスもあっていろんな形のモノを試着しましたが、結局同じような曲線主体のデザインになりました。
デザインといえば、私の眼鏡歴は中学1年までさかのぼるのですが、その眼鏡屋さんの視力検査で担当のお姉さんに言われた一言が忘れられません。
「顔、曲がってません?」
かーんと頭をたたかれたようなショック。正直傷つきました。まあ要するに耳の高さが違うので、眼鏡をかけると斜めってしまうのですね。ただ当時は直線のデザインが主流だし、自分もデザインにうるさいわけでなく、そこから約20年の3つの眼鏡はすべて同じようなものでした。で前回(おそらくは5年ほど前)はじめて自分に合うモノを真剣に探し、水平感が目立たない(と感じられる)曲線主体のモノを選んだのでした。あの時のお姉さんの指摘は正しい。眼鏡選びの基準ができました。ココロの傷は残ってますが。
多分5年ぶりということで念のため視力検査。結果左右の近視、右の乱視とも今までと同じ度のレンズでということに。職場では近視が進行している人も多いが、自分は会社に入ってから約10年間システム部門にいたものの進行しなかった。というか少し良くなった。とはいえ両目とも0.1だけど。眼鏡は45分ほどで完成。新品はやはり明るい。度数も従前と同じなので足下が不安になることもなく、満足して家路につきました。
Imgp2696
(左上:2代目、右上:3代目、左下:4代目、右下:今回 どんどんレンズ部分が小さくなっています)

|

« はや〜い | トップページ | もりだくさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はや〜い | トップページ | もりだくさん »