« イタリア旅行記 19 | トップページ | イタリアの寝台列車:予約編 »

2008年5月13日 (火)

イタリアの寝台列車:車両編

イタリア旅行記がようやく夜行列車のところに到達しましたが、この夜行列車、予約までけっこう大変でした。何度か書いていますが、鉄道の予約も日本でできるだけすませて行こうと、色々インターネットで調べて手続きをしていったのですが、この夜行列車だけどうにもわからない。イタリア北部のヴェネツィアから南部のバーリまで一気に移動するという、計画でも重要な部分だったので、現地へ行ってから「ない」という状況はどうしても避けたい。実際処女旅行の際に、ミラノからミュンヘンへの夜行に乗ろうとして、当日にミラノの駅で並んでようやくたどり着いた窓口で最初に言われた言葉は「ない」。そんなはずはないともう一度窓口でリトライしたら発券してくれたのですが、列車に乗り込んだら係員がそんな予約は知らされていないという表情で寝台をセットしてくれたので、多分前日までに予約しないとダメなんだと。もう一つデンマークからノルウェーへ行くときも夜行に乗ったのですが、このときは相部屋のクシェットに乗車、私のイビキで同室のメンバーに迷惑をかけてしまったことがあり、たとえ高くても個室をとりたいという事情もありました。
ということで、イタリア旅行の掲示板に質問を書き込みしたり、政府観光局へ行ったりしながら、なんとか予約をして行ったのですが、完全解決したわけでなく、当日乗車するまで少し不安があったのです。結果は無事個室を1人で占有することができ正解。そしてその列車にイタリアの夜行列車についての小冊子があったので見てみると、イタリア語でよくわからないのですが、寝台の種類やサービスについて書かれているようで、それまでに集めた情報とあわせると、だいぶ疑問点が解消しました。
というわけで前置きが長くなりましたが、以下にイタリアの寝台列車の種類とインターネットでの予約の方法について記します。一応免責事項として、2007年9月時点(古!)の情報で、一部推測も入っている点をご了承下さい。こんなんですが、どこかの誰かのお役に立てれば幸いです。
---------------------------------------------------
1.車両の種類
(1) Excelsior
デラックスタイプ。1車両に2ベッドの部屋が7室とスイート1室。室内にトイレとシャワーがある。2ベッドの部屋はシングルとして1人で占有することも可能。またこの部屋には子供用かエクストラベッドがある模様。
トーマスクックの時刻表での表記は「1,2 cl (Excelsior)」。
ExaExa2
(2) Classica
標準タイプ。1車両に3ベッドの部屋が12室。室内に洗面台があり、車両端にトイレがある。部屋はシングル、またはダブルとして1〜2人で占有することも可能。逆にベッドだけ予約することも可能で、この場合は相部屋になる可能性がある。また隣の部屋とつなげることが出来、最大6人部屋になる。
トーマスクックの時刻表での表記は「1,2 cl」。
ClaCla2
(3) Turistica
標準タイプ。Classicaよりややリーズナブル。1車両に2ベッドの部屋が17室で、室内に洗面台、車両端にトイレがある。シングルとして占有することも可能で、逆にベッドだけ予約した場合は相部屋になる可能性がある。また隣の部屋とつなぐと4人部屋になる。
トーマスクックの時刻表での表記は「1,2 cl (T2)」。
T2T22
(4) Comfort
簡易タイプ。クシェットよりややデラックス。1車両に4ベッドの部屋が9室。相部屋が基本で4人未満では占有できない。車両端にトイレがある。
トーマスクックの時刻表での表記は「2 cl (4 berth)」。
CfCf2
(5) Cuccette
簡易タイプ。1車両に6ベッドの部屋が10室。相部屋が基本で6人未満(もしかしたら4人未満)では占有できない。車両端にトイレがある。
トーマスクックの時刻表での表記は「2 cl (4/6 berth)」。
C6C62
※画像はイタリア鉄道の小冊子より引用。
---------------------------------------------------
長くなったので予約編は分けます。train

|

« イタリア旅行記 19 | トップページ | イタリアの寝台列車:予約編 »

コメント

はじめまして!
イタリア国鉄の予約方法について探していたら
hitしてきました。
詳細な情報ありがとうございます。

ひとつ質問させてもらってもよいですか。
ローマからタオルミナへの夜行列車を
予約しようとしているのですが
列車の詳細を見る画面で(details by selection)
Reservations must be made in Italy
と表記されているのです!
これは予約しようとしている列車のみならず
すべての列車に書かれているようなのですが
「イタリア国内からのアクセスでの予約じゃないと
だめですよ~」
という意味なのでしょうか。
日本からの予約はできないのでしょうか。

長文失礼しました。
よろしくお願いします。

投稿: ゆう | 2010年5月22日 (土) 08時30分

>ゆうさん
コメントありがとうございます。
ご質問はRを□(四角)でかこった記号のことでしょうか。とすると「予約が必要」という意味です。
ドイツなど空席があれば座って良いという国もありますが、イタリアでは多くの優等列車で乗車前に座席指定を含めた予約が必要となっています。なので夜行以外の列車でもこのマークがでているのだと思います。
日本からでも予約は可能と思いますので、トライしてみてください。

タオルミナについて知らず、ガイドブックを開きました。美しいところですね。
気をつけて、良い旅を。happy01

投稿: つーちゃん | 2010年5月22日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記 19 | トップページ | イタリアの寝台列車:予約編 »