« イタリア旅行記 23 | トップページ | イタリア旅行記 24 »

2008年6月 8日 (日)

車とカメラのはなし

Kangoo今朝、車を運転していたら突然、計器類の表示が一瞬消えてから再度点灯という状態になった。見るとデジタル表示の時計やトリップメーターがゼロに戻っており、リセットされたような状態。仕方なく信号待ちの間に時計を直して出発すると、しばらくしてまた同じ現象が。そのうち消灯してから再点灯まで間が開くようになった。消灯の間はウィンカーの音は鳴らないし(点灯はする)、オートマのギアの状態やガソリン残量などがわからなくなり、スピードとエンジン回転はわかるものの、これは結構深刻な事態では…、ということでディーラーに連絡したところ、即入庫→点検→入院となりました。計器パネルの接触不良ということで応急処置をしたものの状況が改善せず、このままパネルの交換となると結構費用がかかるので、しばらく様子見とテストをさせて欲しいとのことだった。今月はゴルフなど遠出の予定が無くてよかったが、痛い臨時出費の危機です。
出費と言えば、デジカメを買いました。父の。今まで私のデジカメを妹夫婦も含めて共有していたのですが、GWに妹夫婦が海外旅行に持ち出した際に、「無いと困る(時がある)」と思いこんでしまったようで、「適当なの見繕って候補を提示してほしい」などとのたまう。正直自分の物でないのに気分も盛り上がらなかったけど、そこは血を分けた肉親たっての願いで私はいい歳こいて同居の身。父の日プレゼントということにして探しました。で選んだのはパナソニックのルミックスFX35。基本的にお年寄りでも操作がしやすいという視点で見たのですが、これがけっこういい。
1:「おまかせiA」モードにすると、夜景・接写・顔認識、風景、夜景&顔認識から最適なものをカメラが自動判断する。(パナソニックが最初に搭載したらしい)
2:この撮影モードの選択がダイヤル式なのでわかりやすい。(メニューボタンを押して画面で選択…などということをしなくてもよい。)
3:電源ON-OFFのスイッチと撮影-再生の切り替えがスライド式。(他のメーカーは大抵ボタン式)
とまあ、撮影時は賢く機械任せで、スイッチ類はアナログっぽいけど実は使いやすいという。夜は両親向けに説明会。ねらいは成功し、機械音痴で今時携帯すら持っていない両親にも、とりあえず理解してもらえ、好評でした。よかったよかった。こんな出費ならまあいいか。

【6月14日:追記】車の方ですが、その後再接続や清掃を行った結果、現象が再現できなくなったとのことで、とりあえず様子見ということになりました。出費ゼロなのに洗車までしていただき、いや本当に感謝です。

|

« イタリア旅行記 23 | トップページ | イタリア旅行記 24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記 23 | トップページ | イタリア旅行記 24 »