« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

嵐の合間に

昨日・今日(金・土)と会社などを休ませてもらってゴルフへ行ってきましたgolf。泊まりがけではなく2つとも別の組み合わせで、たまたま連続してしまいました。
ご存じのように両日とも前夜から早朝にかけて、甚大な被害を出した大雨&雷だったのですが、現地に到着するころにはやんでいて、さらに想定外の太陽までsun。特に昨日は予報では一日中雨だったので、低めの気温を想定していたのですが、完全に外れ。午前のプレー終了後、汗まみれになったウェアを着替え、念のため持ってきた日焼け止めを塗りましたが、多少焼けてしまいました。
さすがにキャンセルする人も多かったようで、本日土曜日も前の組のプレーを待ったりすることなく、スムーズに進行。金曜日などはハーフ2時間10分でまわれましたよ。
この2日間、雨に降られずにプレーできるなんて、私の日頃の行いがいいもとい同伴競技者に恵まれたということですね。いや本当にラッキーでした。幸運を使い果たしたのではないかとやや心配でもありますが。coldsweats01

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

NY旅行準備:ガイドブック購入

ゴルフコンペ不参加のお許しをいただきました。幹事さんは「自由参加のイベントだから自分の都合を優先していいんだよ」と優しくおっしゃってくださいました。ありがたいことです。confident
ということで早速ガイドブックを購入しました。
地球の歩き方「ニューヨーク」(ダイヤモンド社)
トラベルストーリー「ニューヨーク」(昭文社)
ホントに美味しいNY10ドルグルメ(講談社)
の3点。実は昨日のうちに書店でにらめっこして選んだものです。
「地球の歩き方」は受験の赤本(まだあるのだろうか)のごとき定番書品ですが、私は「新・個人旅行」(昭文社)も好きで、だいたい両者を購入します。しかし今回はマイミクの方もお薦めの「トラベルストーリー」をめくったところ、こちらの方が「新・個人旅行」よりもスッキリまとまっていていい感じ。地図も同じ昭文社なので見やすく安心、ニューヨーク1都市だけなので一冊は軽めで良かろうと判断し、初の組み合わせとなりました。
もう一冊は1年以上前から目をつけていた軽いグルメガイド。毎年増刷を重ねていたので好評なのだと思っていましたが、ついに購入(しかし2008年の増刷はなかったようなので、もしかしたら近々改訂するかも…)。帰りの地下鉄で待ちきれず眺めていました。大写しのハンバーガーやホットドックの写真など見ると、あぁ。happy02
帰ってガイドブックを開き、早速ホテルチェック。正直びっくりするほど高い。いくつか検索してみるが、画面にはお話にならない金額の羅列。う〜ん、ツアー会社で航空券とホテルのセット商品を購入して1人部屋割り増しを払ってもいい勝負かも。時間もないので、もがけるのは今週いっぱいかな。
しかし食事といい宿泊といい、日本は安くて質がよく安心で本当いい国だと最近つくづく思います。think

| | コメント (4)

2008年8月24日 (日)

ニューヨークへ行こうかと

3週間ぶりの日記です。だいぶ間があいてしまいました。これは自分の部屋に冷房がなく、単純にパソコンの前に長く座っていられないのが原因で、忙しかったとか落ち込んでいたとかではありませんsweat01
ということで、やっていることも前の日記から変わることなく、今年の旅行のことばかり考えています。時間が経つにつれて方向性が見えてきました。
まず時期ですが、9月下旬になりそうです。これは仕事のスケジュールが段々見えてきて、10月以後はちょっと連続で休みを取りにくそうなのがわかってきたので。
で、アジアを中心にツアー等のパンフレットを眺めていたのですが、どうもグッとくるものがない。原因は自分にあって、
・基本的にツアーは2人以上で申し込むことを前提としたものが多く、おひとりさまにはイマイチ。
・人にスケジュールを指定されているのがなんとなくイヤ。
・珍しく早くからアメリカに行く気持ちを固めていたので、アジアに対して行きたいところなどのインスピレーションがわかない。
といった感じ。
で1都市+αの方向で考えることにし、9月なのでメジャーリーグがシーズン終盤のアメリカも再度候補に。ヨーロッパだとオランダなら日程的に適当かなと比較しましたが、航空券の安さでアメリカに傾き、1都市は最初シカゴに照準を合わせたものの、考えた日程でメジャーリーグは2チームとも遠征中airplane。カブスは日程をずらせば観戦可能でしたが、チケットは売り切れ。ではニューヨークはとダメ元でヤンキースを調べるがやはり売り切れ。しかしメッツの方は大丈夫そう、ということで今年で最後のヤンキースタジアムは球場見学ツアーでよしとして、ゲームはこちらも今年最後のシェイスタジアムで味わうということで方向性が固まりましたbaseball
ただし問題が1つ。このプランを実現できる日程中に会社のゴルフコンペがあり、これをキャンセルしなくてはなりません。声がかかった時点では夏休みが流れそうだったのでOKしたのですが…coldsweats01。ということで明日、幹事の方にお願いしてきます。どうなるでしょう。sweat02

| | コメント (4)

2008年8月 3日 (日)

やっぱりどっか行こう

仕事のからみで毎年恒例の9月に1週間の休暇を取っての旅行は断念せざるを得なかったのですが、このことで最近かなりフラストレーションがたまってきています。で正月にがっつり休んで…と思っていたら、どうも今年度いっぱいは厳しい気配。これでは本当に爆発してしまう。bomb
という状況で先日、とあるマイミクの方が日記に『上海に帰省している奥さんとお子さんを内緒で訪ねる2泊3日の旅行に行った』ということを書かれてるのを見てビビッときましたflair。旅すること(その方は奥様)への思いが強いのならば、時期とか期間とか費用とかにとらわれずに、やってしまえばいいんですね。前は否定したのですが、母の新聞の格安航空券の記事を指さして言うところの「こんなんでピュッと行ってくればいいじゃない」も今なら少し認めです。
今回は1週間は無理だけど2〜3日ならなんとか大丈夫そうなので、週末を絡めて5〜6日程度なら実現可能。ということで本日はネタとインスピレーションを求めて新宿を紀伊国屋→HIS→JTBと徘徊してきました。でその結果見つけたり思いついたりしたのが

A:ヨーロッパを1都市+α
たとえば、ロンドンとコッツウォルズ、ベルリン、パリとモンサンミッシェル…
実はロンドンとかパリとかはまた行くだろうと1日ぐらいしか滞在してないし、ベルリンは行ったことがないし、ドイツマルクのトラベラーズチェックが残っているし(どうしよう)。
アメリカはメジャーリーグのシーズンが旅行時に終了していそうな今回はナシ。
B:東南アジア・オセアニア
目にとまったのは、アンコールワット、ニューカレドニア…
けっこう期間は短めでもよさげなツアーがありそうだった。一人だと割り増しになってしまうけど。
C:日本
屋久島で縄文杉を見るとか、知床をトレッキングするとかおもしろそうだと思った。

今回のことでもう一つわかったのは、自分にとって旅行がやっぱり大切な楽しみであるということ。だいたいこんな「旅行の計画をしようと思う」ということでブログを書くテンションがあがるなんておかしいですもんねcoldsweats01

| | コメント (4)

2008年8月 1日 (金)

2008年8月の壁紙

Cal
1024button
1280button
1680button
あぁ。もう8月ですか。今日は会社で何度もカレンダを見てしまいました。
気をとりなおして壁紙の作成しなくちゃですが、せっかく夏なんだし抜けるような青空の写真を使いたいなぁと思いつつiPhotoを立ち上げて旅の写真を見ていたのですが、これがなかなか。なんだかんだ仕事するパソコンで1ヶ月にわたって眺めるものだし、朝のろのろと会社に到着して最初に見つめるものなので、それなりに愛着のわく画を選ばないといけないのですよ。でも即座にグッとくる画はすでに壁紙にしてたりするわけで。
そんな感じで選んだ8月の壁紙は、ペルーのシルスタニ遺跡の風景です。ここはお墓の遺跡で、時代や文化の変遷がお墓の形に表れているのが特徴です。確か。この写真左側にあるものはインカ時代の物。実際は円筒形だったものがかなり崩れています。今「地球の歩き方」を読みなおしたところ、これは「チュルパ」と呼ばれる墳墓で、かつては100基近くあり、形は違えど6月21日の冬至になると東側の小さな窓から太陽の光が差し込むようにできていることは共通しているとのこと。う〜ん、奥が深い。
Sillustani07_0418で、壁紙の写真ではわかりにくいのですが、この左の写真を見ればわかるように、実はこの墓、結構大きいです。自分でもあらためて見てそうだったなと感心。こんな巨大な石をきれいな円筒形に積み上げて、かつ計算された位置に窓を開けて…。あと書き忘れましたが、ここ4000mの高地です。いやぁ。すごいっす。
Puno42_d41ついでに次の写真はシルスタニ遺跡に近いフリアカという街の空港、検問所の建物がチュルパの形でした。

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »