« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月27日 (土)

ものすごく眠い

帰国してからというもの、時差ボケと思われる?唐突な睡魔に襲われることが多くなっています。今日も前夜にきっちりと睡眠をとって7時起床したにもかかわらず、お昼に猛烈な睡魔に襲われて横になった瞬間sleepy次に目が覚めたら15時でした。所用があったので頑張って起きましたが、脳みそが動きませんでした。

昨日も仕事中、16時過ぎに猛烈な睡魔に襲われ役立たず状態に。コーヒーを飲んだり、隣の人にガムをもらったり、顔を洗ったり、角砂糖をなめたり、冷蔵庫にあったコーラを飲んだり、オフィスグリコから硬いせんべいを調達したりしたのですが、全く効果なしでした。なんとか17時半に到達して即業務終了宣言しました。wobbly

ヨーロッパ方面は飛行機であまり寝ないことで概ね対処できるのですが、どうもアメリカ方面はうまくいきません。前にペルーやアメリカ西海岸に行ったときはヨーロッパ経験に基づき飛行機寝ない作戦で調整に失敗。夜21時までには睡魔に襲われ、誘惑に負けると目覚めが良くて早朝5時、ひどいと夜中2時という状態に。で今回は飛行機で消灯の間は基本的に寝るという作戦をとって現地での就寝・起床時間に問題はなかったものの、帰国後がこの有様です。帰りの飛行機も寝まくったのがいけないのだろうか…despair

今は第1の所用が終わり次までの合間、寝ないためにこの記事を書きました。隣でお昼に敷いた布団が猛烈に誘いをかけてます。しかしその誘いに乗ったが最後…頑張れ自分。bearing

| | コメント (2)

2008年9月23日 (火)

NYは5日にして

ただいま現地朝6時過ぎです。今日のお昼出発便で日本に帰ります。airplane
しかしNYはでかかったです。足を棒にしたり昼飯の時間も惜しんだりしましたが、ぜんぜん時間が足りませんでした。出発前に5日間NY一都市でで過ごせるか自信ないなぁ、等と思っていましたが、とんでもなくNYに対し失礼でした。coldsweats01
いつかまた行きたいとは思いますが、変化と成長を続けるこの街をすべて巡ることは永遠に不可能なんでしょう。何度もNYに通い続ける人の気持ちも、少しわかったような気がします。

| | コメント (2)

2008年9月20日 (土)

NY現地から報告します

現地のホテルで無線LANが使えるので、取り急ぎご報告。こちらは現在20日の朝です。
前回チケット取りでの四苦八苦ぶりを書いたヤンキース関係ですが、結果として試合も球場ツアーも両方実現しました。
試合は到着当日(18日)のナイター。空港から直接スタジアムへ行き、当日券を購入しました。値段100$でバックネット裏という好ポジション。実は出発直前に公式サイトからダメもとで検索して、空席発生を確認していた(アメリカかカナダに居住していないと買えなかった)ので、当日券が買える期待と、数少ない残席を逃した不安が相半ばしていました。
翌朝はもう9時前から並ぶようなことはせず、9時過ぎに球場へ。スタジアムツアーもあっさりゲットできました。開始時刻を観ると10時。どうやらあるガイドブックでみた「ツアーは9時から1時間おき」が適用された模様。この10時発だけでも50人以上は参加していましたよ。
ということで、この件に関しては最高の結果となりました。

| | コメント (2)

2008年9月 6日 (土)

NY旅行準備:ヤンキース狂想曲

さて、ニューヨークに行くからにはメジャーリーグを観戦したい。今回、18日出発なのは仕事の関係も大きいけど、今年最後のヤンキーススタジアムを見学したいがため、そしてあわよくば観戦するために、ヤンキースの試合がある日程を意識したためなのです。
ただしこの期間はヤンキースタジアム最後の三連戦ということで、ただでさえ入手困難なチケットはさらにハードルが高いことが予想されるのがネックでした。ダメ元で公式ページからチケットを検索しましたが、やっぱり売り切れ。まあスタジアムツアーに行けばいいやと、情報を求めてヤンキースのホームページを見たところ、どうやらこれも予約が可能ということでトライしてみると、果たして売り切れshock。よく見ると、最初に

All advance tickets for tours for individuals and groups of 11 or less, held at 12:00 noon and 1:00 p.m., are currently sold out.
などと書いてある。おいおい。で続けて
THESE ARE THE ONLY REMAINING OPTIONS TO PURCHASE TICKETS AT THIS POINT. Twenty tickets will be made available for the 12:00 p.m. tour and also for the 1:00 p.m. tour. Tickets go on sale at 9:00 a.m. at the advance ticket window on a first come first served basis.
とある。む〜despair。当日券のチャンスはあるということらしい。で、最後の方に
Tours will be held daily through September 19, 2008, at which time they will shut down and will continue after postseason play (date to be determined).
ということで、ヤンキースのプレーオフ進出が非常に厳しい状況である現状から、19日のツアーを逃すともうチャンスなしという事態だと思われる。
その後、現地業者を通して試合のチケットを頼んだらいくらか見積もってもらったら、もう$10〜$20の外野席や3階席が$150以上。しかもこれは18日の試合で、以後最終3連戦はもうとんでもなく高騰しているとのこと。あまりに割に合わないので、業者さんは親切に対応してくれましたが断りを入れたのでした。
もう1つ確実に見るために、日本のツアー会社によるヤンキースタジアム見学ツアーに参加するという手もあるのですが、値段が$70〜。ちなみにスタジアムで購入する見学ツアーの値段は$20。3倍以上では、なんぼ確実に見れるからといっても開きすぎでは…wobbly
ということで、自分的に納得感があるという理由で、スタジアムツアー当日券にトライして、ダメなら外観を見るだけで帰っても仕方ない、という方針をとることにしました。
とりあえず21日のメッツ戦(こちらも今年最後のシェイスタジアム)のチケットを確保しておきます。こちらはホームページから正規にゲット可能なようなので。でもこちらもいい席は売り切れで、外野か2階以上の席しかないようですが、この際贅沢は言いませんcoldsweats01

Shea<23:00追記>
チケット購入しました。3階席一塁〜ライトの中間付近で、視点は左写真のような感じ。料金は$27+手数料$4.25+配送料$2.5の合計$38.25(約4100円)でした。手数料はチケット会社(チケットマスター)のマージンなのはまだいいとして、配送料はEメールでPDFのチケットを送ることに対してかかるというのが納得いかない。ちなみに郵送だと配送料はタダの模様。普通は逆じゃないだろうか。angry

| | コメント (2)

2008年9月 5日 (金)

NY旅行準備:ホテル手配

ガイドブックを買ってから宿探しをはじめたのですが、都心の宿はどこも高いか満室。特に値段は平気で$300以上なのには閉口。そこで航空券&ホテルのパッケージを見て、3万円未満できれば2万5千円以下でないとパッケージの方が得と分岐点を定めて、再捜索をすることに。
でそれには日程を確定しなくてはと検討。当初はワシントンDCにも行こうかと考えていましたが、どうやらこれには1泊2日はほしいところ。でニューヨークでしたいことを考えると
・前半はヤンキースタジアムのスタジアムツアー参加の可能性を残したい
・土曜日の午後はブルックリン・ブリュワリーの工場見学に行きたいbeer
・日曜の朝はハーレムの教会でゴスペルを聴きに行きたいnote
・月曜の夜はメッツの試合を観戦するbaseball
の4つは外せない。ということでDCはあきらめてNYにずっと滞在することに決定。5日間も1カ所にいるのは自分としては初めてで、退屈しないかやや心配。時間があるので、ミュージカルを見たり、メトロポリタン美術館やMoMAに行ってみようかと思っています。
で宿ですが、やっぱり高額か満室かではじきはじかれながら、最終的には昨年と同様JALのサイト経由でクイーンズにあるコンフォートインを確保しました。日本円精算で1泊約2万円。フラッシングというチャイナタウンにあるこの宿は、都心からはやや離れているものの、メッツの本拠地シェイスタジアムへ地下鉄で一駅であること、朝食付きであること、チェーンなので”はずれ”はないだろうということで、妥協しました。しかし最大の妥協の要因は、その直前で見つけていたもう少し都心に近い別のコンフォートインチェーンが、申し込もうと情報を見ている最中に満室になってしまう事態に遭遇したせいですね。coldsweats01

| | コメント (2)

2008年9月 1日 (月)

2008年9月の壁紙

Cal
cal_1024button1024button
cal_1280button1280button
cal_1680button1680button
9月になりました。いよいよ今月は旅行に出発の予定です(まだ断言できない)。壁紙のネタもこの追加仕入れでなんとかと思っていますが、右下につける都市名がニューヨークばかりになってしまうことに気づきました。う〜ん、どうだろう。
で本題の9月の壁紙ですが、ベルギーはブリュッセルを選びました(画像が粗めなのは古いのでご勘弁)。世界遺産でもあるグラン・プラスで毎年開催されている、ベルギービールのお祭りの風景です。会場は自慢のビールを振る舞う各社のブースが周囲を囲むように設置され、はしご酒をする人々で埋まっています。なおビールはタダというわけではなく、会場入り口でチケットならぬコイン代わりの王冠を購入し、それと引き替えというシステム。銘柄によって王冠の必要数も異なります。そして有料なだけあって供されるのは紙コップにちょっとというのではなく、ベルギービールの特徴でもある銘柄専用のグラスにきっちりと入れられてきます。なのでこの機会に沢山の銘柄を…なんてとても無理。加えて会場には食事はおろか軽食・つまみを供するところは一切なし。空きっ腹に流し込むと真剣に酩酊しますのでご注意を。
日記を改めて読み返すと、15時から20時まで休憩や軽食をとりつつ7杯も飲んだと書いてあり、びっくり。若かったなぁ。会場を盛り上げたブラスバンドチームのお姉さんにからまれたりしたのも思い出しましたよ。ちなみに王冠は2ユーロで3枚。王冠2〜3枚でビール一杯のものが多かったようです。
Brussel06_0221Photo
秋になると農作物の収穫などがあるせいかヨーロッパの各都市でお祭りが多く開催されていて、屋台でご飯を食べたり、ミニコンサートを見たり、民族衣装に身を包んだ人々を見たり…。9月に旅行をするのは、この雰囲気が多く楽しむことができそうだから、でもあるのです。

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »