« ニューヨーク旅行記 13 | トップページ | 2009年の年賀状と1月の壁紙 »

2008年12月30日 (火)

マラカスをつくる

私の上司が大学時代にラテン音楽のサークルに属しておりまして、そのOBメンバーが集って毎月一回のボサノバとラテン音楽のライブを小さなお店で開催しており、私も聴衆としてほぼ毎月おじゃましています。で、そのライブをやるお店には様々な楽器(主にパーカッション小物だが誰が吹くのかソプラノリコーダーまである)が籠の中に放置されていて、特にラテン音楽を演奏する場合は聴衆も自由にその楽器を使って音を出していいことになっているのです。その中で私のお気に入りは、手のひらに収まるぐらいの大きさの卵の形をしたマラカスのようなものでした。が、過去形なのは今月のライブでバンドリーダーがある聴衆にあげてしまったからです。本気の音が出ないので気楽だし、大きさも適当でやりやすかったのですが…。

Imgp3249ということで次回のライブに備えて自分でつくることを思い立ち、東急ハンズに出陣。まずはガチャガチャの景品のように中央で分割されているプラスチックの卵形容器をバスケットに。音を出す中身についてはその場でいくつか振って試した結果、白砂を購入。合計350円なり。
Imgp3253早速家で作業開始。といっても簡単で、
1.容器に穴が開いているのでセロテープで内側からふさぐ。
2.白砂を容器に適量入れる。
3.容器を閉じる。
以上でできあがり。最初に入れた白砂の量では音が重くてイマイチだったので、少し減らしたところ、お店にあったのと同じ感じに。一度閉じたのを開けるのはけっこう難儀しましたが。卵ケースは2個入りなのでもう一つ作成。こちらは経験を生かしスムーズに完成しました。
その後仕上げに穴の外側にブラジル国旗のシールをつくって目隠し。卵の上下の継ぎ目にはいつも最後に演奏する曲の歌詞の一部を書いたシールをつくって帯状に貼り付けました。適当につくった割には我ながらいい感じにできましたが、適当が災いして大量に余った白砂をどうしたもんだかcoldsweats01。とはいえ久々の工作は楽しく、時折パソコンのiTunesからラテン系音楽が流れると音を出して遊んでいます。
Imgp3261
とまあ、このようなイケてない(いっちゃっている?)事をやるだけでなくブログに書く自分。年末なのに本当に暇人ですgawk

|

« ニューヨーク旅行記 13 | トップページ | 2009年の年賀状と1月の壁紙 »

コメント

手作りって楽しいもんですよね。
私もたまーにやると凝りますsweat01

白砂…
1)サボテンの鉢に敷く
2)砂時計を作る
3)ネコのト…
いやいや失礼しました。

投稿: まめた | 2009年1月17日 (土) 15時01分

>まめたさん
このマラカス、後日談がありまして…。
本番に持って行ったところ、音が全然小さいことが判明、役立たずでした。crying
バンドリーダーに教えを請うと、鉛の粒を使うといいというアドバイスをもらいました。
ただ白砂はまめたさんの言うとおり、余った材料の利用のしようがあるのですが、鉛は…というのがあって、どうしようか考え中です。despair

投稿: つーちゃん | 2009年1月17日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューヨーク旅行記 13 | トップページ | 2009年の年賀状と1月の壁紙 »