« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月22日 (日)

撮影場所予想ゲーム

ぼんやりとパソコンの前に佇む暇人の休日。いつもお世話になっているグーグルの素っ気ないトップページから気まぐれに写真管理のリンクをクリックして進むと、Picasaウェブアルバムの撮影場所予想ゲームなるものを発見しました。今更なのかもしれませんがcoldsweats01

ちょっと興味を持ったのでチャレンジしてみると、このアルバムで公開されている写真がどこで撮影されたモノか(と公開者が登録したか)を当てるゲームで、写真横に表示される世界地図から撮影場所と予想した地点をクリックすると、そこと正解の場所が地図に表示され、その距離により得点が決定されるルール。1枚につき最高1000点・最低0点で、5枚で1ラウンドとなっています。
得点を誰かと競うということはないようで、ついでに作った感がにじみ出ています。「撮影場所予想ゲーム」というタイトルからしてそのまんまです。

数回のラウンドの経験ですが、どんなものがあるかというと…。

続きを読む "撮影場所予想ゲーム"

| | コメント (0)

2009年2月14日 (土)

間違い電話

朝、携帯が震えているので見ると高校の同級生からの着信mobilephone。手に取ったときには切れてしまい、もうずいぶんと会っていないので何事かといやな予感もしつつ折り返してみると、出るなり「ゴメン」。

実は彼女の小さな息子さん(多分3歳くらい)が携帯をいじってかけてしまい、あわてて切ったものの間に合わず…ということらしいhappy01。お母さんに促されて息子さんが
「…ごめんね…」
と言ったのには思わず「おぉ」と感心。成長しているなぁ。

早朝ということもあり、近いうちに会おうと言って短い電話は終了したけど、朝からなんだかいい気持ちになりましたconfident

| | コメント (2)

2009年2月11日 (水)

ニューヨーク旅行記 19

2008年9月22日 月曜日 晴れのち曇り (5日目 その4)
10$グルメ その3
近代美術館へ行く前に、近くにある10ドルグルメの店で腹ごしらえ。正確には店ではなくて屋台なのだが、「10ドルグルメ」の本だけでなく、もう一冊買った「ニューヨークは美味しい」でも登場しており、それによるとベンディ・アワードというニューヨークの屋台のグルメ大賞で、初代(2005年)の栄冠に輝いたという人気店とのこと。絶対行こうと楽しみにしていたのだ。

Imgp3190ルフトハンザのパラソルが目印という屋台「ハロー・ベルリン (Hallo Berlin)」はすぐに見つかった。お昼時は行列をなしているということだったが、すでに14時を過ぎていたせいか先客は1名のみ。両ガイドブックでお薦めのダブル・ソウルフード・ミックス(8$)を注文した。先客を待つ間メニューを見ながら、ちょっと高いのでは…と思ったものの、まあいいかと。飲み物もジュースと思って指さしたものが実はガス入りミネラルウォーター。店主が「ウォーター」といって出してきてわかったのだが、これももういいやと。

Imgp3189ドイツ移民という店主が明るく「ダンケ」と言って渡してくれたものは、一口サイズにカットされた2種類のソーセージ(多分それでダブルソウルフード)とジャーマンポテトやオニオン、ザワークラウトの盛り合わせ。堅めのパンもついており、それを屋台に備え付けられた小さなテーブルで食す。味はもちろんグッド。信号待ちのドライバーに「美味しいか?」と聞かれたので、笑って親指を立てて答えた(口にモノが入っていたので)。食べている間、屋台の方を見ていると、整然と並んだ長方形の小さなフライパンで断続的にボイルしたソーセージや付け合わせのポテトなどを炒めたり、スープの味を確かめたり、お客さんがいなくても店主は手持ちぶさたになる感じはない。鼻歌交じりに作業する店主のアクションがおもしろく、見ていて飽きなかった。

意外とボリュームもあって味も良いということで、大いに満足して完食。やっぱりニューヨークはハンバーガーよりホットドック・ソーセージの街だと、独りごちりながら近代美術館へと歩を進めた。

| | コメント (0)

2009年2月 8日 (日)

ニューヨーク旅行記 18

2008年9月22日 月曜日 晴れのち曇り (5日目 その3)
セントラルパーク その2
Centralpark自然史博物館を出て、次の目的地である近代美術館まで再びセントラルパークを通り抜けて行く。公園に入り西側の遊歩道を歩くと、至る所でスプリンクラー等から水がまかれている光景に出くわす。水がまかれるからか鳥やリスも多く見た。
Img_0375Img_0376
後半最初の目的地ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields)は例によって案内が少なく、最初にたどり着いたところは何もない緑の斜面で一瞬途方に暮れたが、道の先から多くの人が下りてくるので更に進むとオノ・ヨーコがデザインしたというイマジンのモザイクに到着した。モザイクはけっこう大きく、色とりどりの花びらで装飾されていた。ガイドブックの写真では別の装飾がなされていたので、定期的に装飾を変えているのかなと思う。この装飾も屋外では維持が難しいだろうし、もしかしたら毎日整備しているのかも。
Img_0378
ストロベリー・フィールズを後にし、レイク(The Lake)沿いを歩く。こんもりとした池の周囲の緑、その奥に風格のある古いビルが見えるのはセントラルパークで何度もシャッターを切った風景。しかしどのくらい昔からこんな大きくて高いビルを建てたのだろう。エレベーターとかすごい古典的なものだったりして。どこか中に入って見てみたいと思う。
Img_0379Img_0381
最後はシープ・メドウ(The Sheep Meadow)へ。羊を放牧していたという広い芝生の広場で、豊かな芝と土地が真っ平らではない点はらしいと思う。寝っ転がったり読書したりでのんびり過ごしている人が多いなか、先を急ぐ観光客としてはカメラ片手に立ち止まることなく通り抜け、そのまま南側から公園を出ると、ミッドタウンの喧噪と渋滞が目に飛び込んできた。
Img_0383Img_0384Img_0388

| | コメント (0)

2009年2月 1日 (日)

2009年2月の壁紙

Cal
1024button
1280button
1680button
今年も2月がやってきました。最近この手の出だしを書くと、時の巡りが云々という年寄り丸出しの言葉しか紡げなくなってきました。ということで自分的にはかなりサクッと本題へ行きます。
2月の壁紙は12月に続いてエンパイアステートビルからの景色です。12月はウォール街・ロウアーマンハッタン・ブルックリン方面と南側の景色でしたが、こちらは北側でクライスラービルやメットライフビルなどミッドタウンのオフィスビル群が建ち並ぶ風景です。日が傾きだした頃の微妙なライトアップ加減が自分的にはいいと感じる一枚で、12月の壁紙を作る際に採用した1枚と最後まで迷い、自分のパソコン用には両方とも作成してしまいました。今回2月の壁紙を選択するにあたり、まだ登場していないセントラルパークの緑や、賑やかな都会の風景より、冬らしくおちついた風景にしたいと考え、間をおかずに登場としました。
さて自分のパソコン用でもある1680×1050だと右サイドに川を挟んでクイーンズ方向も見えます。先日ニューヨークで緊急着陸した飛行機はこちらではなく、西側のハドソン川に確か下りたのですが、出発したラガーディア空港はクイーンズ側にあり、自分が宿泊した宿に近いところにありました。全員無事でなによりでしたが、自分が行ってから間もないことで身近に感じ…。あぁ出だしで反省したのにまた時の流れの話しでしめようとしてしまいました。お後がよろしいようで。

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »