« ひとまず卒業 | トップページ | 2009年4月の壁紙 »

2009年3月25日 (水)

ニューヨーク旅行記 21

2008年9月22日 月曜日 晴れのち曇り (5日目 その6)
メッツ試合観戦
腹痛でフラフラになりながらホテルに帰還。即座に胃腸薬を飲んでベッドに潜り込む。1時間ほどでなんとか落ち着いた感じになったので、準備をして球場へ向かった。

Imgp3210地下鉄で一駅の所にあるシェイ・スタジアムに到着したのは19時半頃。すでに試合は始まっており、急いで席へ向かう。が、たどり着いたその席には先客が。おかしいなと思い近くにいた係の人にチケットを見せると、その先客がいるところを指すのでハテナマークを出しながらその席へ。先客の人に聞いてみると自分たちもキチンと券を持っていると実物を見せてくれ、あの人に聞けと階段の下でメッツの帽子をかぶり客に親しげに話しかけているベテランというかおじいさんスタッフを指さした。行ってチケットを見せると即座に「もう一つ上の階だ」と身振り手振りを交えながら教えてくれた。単純ミスに恥ずかしいやら申し訳ないやら。
ようやく席に到着すると周囲はメッツだけでなく対戦相手のカブスのファンの人も多く、どのように振る舞ったらいいのか一瞬迷う。自分としてはメッツの帽子をかぶっていったのだが、双方に特段の思い入れがあるわけでないので、ここはニュートラルに試合観戦する。
Imgp3200Imgp3199Imgp3208
試合は1対1の同点で迎えた3回表から見たのだが、両投手ともピリッとせず、どちらが先に崩れるかという印象。まず3回裏にメッツが1点勝ち越したものの、4回表にすかさずカブスが攻めて満塁。ここで打席に先発ピッチャーがそのまま入ると、なんと満塁ホームラン。結局この回一挙6点が入り大勢が決した。背後のカブスファンは歓喜、メッツファンは意気消沈で席を外しがちになった。
不調でスタメンを外れていた福留は、その後立ち直ったカブスの先発投手の代打から2回打席にたったが、残念ながら凡退。自分も本調子ではないので8回終了後に席を立ち、今年限りのスタジアムを写真に収めつつ帰路についた。隣接する来期の新本拠地であるシティ・フィールドも外観を覗くことができた。
Imgp3203Imgp3206Imgp3215
地下鉄に乗車すると、向かいに座っていた乗客から試合の事を聞かれたので「恐らく負ける」と答えると、その人の周囲含めてダメかぁという顔になる。というのも8月まで首位を走っていたメッツは9月に入って減速。フィリーズの猛追でプレーオフ進出の危機(※1)。前年も同様の展開で首位転落をしているので、その時点のメッツファンとしては「まさかまた…」という思いだったのだろう。

※1:結局フィリーズに逆転されてプレーオフを逃し、そのフィリーズがワールドシリーズ優勝という結果になった。


この夜はおとなしくベッドに入り、翌朝は無事体調も回復。ホテルをチェックアウト後、いま一度マンハッタンへ。写真撮影、おみやげ購入と、スーツケースをころがしながらあわただしく歩き回り、お昼の飛行機で帰国の途につきました。

---------------------------------------------------------
ということでニューヨーク旅行記も片付きました。次の旅行はまだしばらく後ですが、はやくもどこか行きたい病がぶりかえしてきています。いつまでフラフラほっつき歩いているんだという声も聞こえているのですが…。

|

« ひとまず卒業 | トップページ | 2009年4月の壁紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとまず卒業 | トップページ | 2009年4月の壁紙 »