« 2010年6月の壁紙 | トップページ | スペイン旅行記 09 »

2010年6月12日 (土)

スペイン旅行記 08

2009年9月13日 日曜日 晴れ (2日目 その4)
サン・パウ病院 ほか
コロニア・グエルから再びバルセロナ市街に戻り、ティビダボ遊園地へ向かうレトロなトラムを見に行く。けっこうな人気で積み残しが出るほど。自分も乗りたいところではあったが時間的に厳しいので、満員の乗客を乗せて小さなトラムが坂を登っていくのを見送り、ほどなく別のトラムがやはり乗客満載でやってきたのを見たところで、終了にした。
Imgp3327Imgp3330
Img_1245地下鉄で2駅ほど戻り、ガウディ処女作のカサ・ビセンスへ。ひっそりとした小さな通りに少し違和感ある建物があり、すぐわかった。非公開のため外観をさらっと眺めるのみ。その後さらに歩いてグエル公園へ行った。

--------------------------------------------------------------
ところで書きそびれていたが、サグラダ・ファミリア聖堂の見学後にサン・パウ病院にも行った。こちらはカタルーニャ音楽堂を手がけたモンタネールのデザインで、世界遺産にも登録されている。
サグラダ・ファミリアからのゆるやかな坂道をのぼって現れた建物は教会のような時計塔がそびえ、なかなかの重厚感。そしてそこを通り抜けると広い敷地にいくつもの棟があり、その棟一つ一つに異なる装飾ほどこされて並ぶ様はかなりのインパクト。こんな病院あっていいのかと感嘆しながら沢山シャッターを切ってしまった。
Img_1211Img_1201Img_1203Img_1205


|

« 2010年6月の壁紙 | トップページ | スペイン旅行記 09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年6月の壁紙 | トップページ | スペイン旅行記 09 »