« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月20日 (土)

スペイン旅行記 19

2009年9月16日 水曜日 晴れ一時雨 (5日目 その4)
アルハンブラ宮殿
いよいよアルハンブラ宮殿へ向かう。ヌエバ広場から坂道を上っていくが、これが半日歩き回ったアラフォー男にはけっこうきつく、息を切らせて入場門に到着。ここで日本で予約しておいたチケットを機械で引き替えた。
まずは離れのヘネラリフェへ行こうとしたが、進んでいくと出口にたどりついてしまい、一度引き返す羽目に。なんだか案内がわかりにくい。通称・水の宮殿ということで、建物と絡んだ噴水や池の美しい風景がよかったが、その周囲を飾る庭園の花や緑の美しさも印象に残った。
Img_1586Img_1588Img_1591
Img_1594Img_1596Img_1601
思いのほか時間をとられ、少し急ぎ足でナスル朝宮殿へ。その前にカルロス5世宮殿を見る。ほかがイスラム色なのに対し、唯一欧風。ただ作りかけなだけあって、がらんとした印象。円形の回廊にガイドの声が響いていた。
Img_1619
予約した入場時刻が近づいたのでナスル朝宮殿の列に加わる。入場するなり柱や壁に施されたイスラムの細やかな装飾模様に目を奪われ、思わず感嘆。その複雑な装飾が壁から天井にまで及んでおり、その完成に膨大な月日と作業を要したであろうことを考えてしまう。その見事な装飾の建物に柱廊・水・緑と組み合わされると、その素晴らしさにただただシャッターを切りまくってしまった。
Img_1629Img_1634Img_1645Img_1646
Img_1661Img_1669Img_1671Img_1672
ハイライトのライオン朝宮殿では、ライオンの噴水が残念ながら修復中でガラスケースに覆われた状態だったが、そんな個別のパーツはどうでもよいと思ってしまうほどトータルの満足度が非常に高く、いいものを見た充実感でいっぱいになった。
Img_1664Img_1673Img_1679Img_1680
最後にアルカサバへ。こちらは要塞ということで装飾面では華やかさに欠けたものの、眼下に広がるグラナダの街並みなどの展望が素晴らしかった。
Img_1693Img_1707Img_1698Img_1699
気がつけば19時近く。食事をしようとガイドの店を探している途中、雲行きが怪しい…と思ったら、大粒の激しい雨。傘も役に立たず、お店の軒下に一旦避難。しばし待って少し弱くなったところで、ガイドのお店に飛び込んだ。

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

2010年11月の壁紙

Cal
1024button
1280button
1680button
11月になりました。今回は先月に引き続きオランダからユトレヒトの風景です。
今年の旅行で実質最初に訪れたのがこのユトレヒトだったのですが、運河と周囲の街並みが織りなす風景にこれぞオランダと興奮しました。9月でも猛暑の日本と違い木々も色づき始めていていたのも違うなぁと感じ入ったのを覚えています。
ということで11月の壁紙は秋を感じたユトレヒトからと思って写真を選んだのですが…最終的にあんまり色づいていない写真になってしまいました。coldsweats01

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »