« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月21日 (月)

しずかなよる

仕事から帰ると、家がいつもより静かになっていました。
部屋に行って着替えていても、いつもの闖入者がやってきません。食事も落ち着いて食べられました。今こうして自分の部屋でブログを打てるのも、背後でCDを持ってきて開けろと要求したり、机の引き出しを開けて物色したり、アンパンマンを書けとせがんだり…などする姪がいないからです。despair

Img_5079ほぼ同居していた妹と姪ですが、今週より主な生活の場を本来の彼女らの家に戻しました。というのも、これまで毎晩残業で午前様かつ休日出勤の絶えなかった妹の旦那さんの転職が決定、先週で退職となったからです。転職先は公務員なので、さすがにこれまでのような惨い働き方は無いだろう…ということで、ようやく家族で過ごす時間が普通にとれそうで、めでたしです。happy01

P1000922私の「おじばか」も一段落。姪が生まれてから2年近く、結構な時間を一緒に過ごしてきたのですが、日々の成長に驚いたり感心したり、一緒に歩いたり遊んだり、思えば貴重な経験をさせてもらいました。今夜の静けさは、小さな姪の大きな存在感のせいなんでしょう。

感傷的になっていますが、妹夫婦は徒歩3分の所に住んでおり、実際は夕食までは家にいる(今日は私が残業で遅くなったcoldsweats01)ので、これからもほどほどに「おじばか」に励みたいと思います。wink

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

2011年2月の壁紙

Cal
cal_1024button1024button
cal_1280button1280button
cal_1680button1680button
2011年も早くも一ヶ月が経ってしまいました。2月です。
今月の壁紙は先月に引き続き、ドイツのハルツ地方にある世界遺産の街、クヴェドリンブルクです。こちらも古くからの木組みの家がひしめき合うように建っており、写真中央の建物上部に見える1886という文字は建てられた年なのでしょうか。
しかしその古さもよりもすごいのは、建物のゆがみ具合。ひしめき合いすぎです。街のほとんどの建物はどこかしらゆがんでいます。
では内部はどうなっているかと、木組みの家博物館というところに行ったのですが、下の写真のようにやっぱりゆがんでいました。実際これほどでないにしても、住みにくいだろうなぁ。coldsweats01
Img_3977

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »