2012年2月 7日 (火)

区界をゆく

日曜。特に予定が無く、暇つぶしに池袋に出た。
昼時だったのでラーメンを食したのだが、かなり濃厚なうえに炙り叉焼と煮卵を付加したため、摂取したカロリーを少しでも消化すべく、まずは巣鴨のとげ抜き地蔵まで歩いてみることにした。
駅前の人混みをかき分け、サンシャイン60を横目に都電と合流して大塚駅へ。そこからは山手線沿いに住宅地を歩いて巣鴨駅に到着。地蔵通り商店街に入るとこちらも結構な人出。おばあちゃんの原宿とよく言われているが、老若男女まんべんなくという印象。若干年齢層が高いのは否めないが。
Img_0233
ほどなくとげぬき地蔵の小さな境内に到着した。折角なのでとお参りをした後にお地蔵様を洗う列に並ぶ。5分ほどで自分の番になり、反対側でお地蔵様の体を熱心にタオルで拭くおばあさんの手をぬらさぬよう気をつけつつ、お地蔵様に水をかけた。
Img_0229Img_0228
お寺を出てさらに商店街を進むと庚申塚に到着。ここが商店街の終点なのだが、引き返すのもつまらないのでこのまま駒込駅までさらに歩いてみようと地図を見る。と、なんだか凄い細い道に豊島区と北区の境界線が走っているのを発見し、この道を進んでみることに。
Img_0235Img_0239
庚申塚から「お岩通り」と名付けられた都電と平行する道を進み、途中曲がって区界の細道へ。本当に区界かと信じられないほど狭く、車は軽でも通れないのでは…という印象。家々の住所表示を見れば確かに右が豊島区巣鴨、左が北区西ヶ原で確かに区界。理由が知りたいところだ。
Img_0240Img_0241
しばらくすると車が通れる道になり、このまま駒込駅まで区界を進もうと思っていたが、途中で商店街に浮気。染井銀座商店街という名称で、桜のマスコットが掲げられており、ソメイヨシノとなんか関係があるのかなと思いつつ歩く。道がなんだか川のように蛇行しているのが面白く、これも何かあるのかなと思ってしまう。…と歩きながら勘ぐるのはブラタモリの見過ぎと人に言われたのを思い出す。でも昔からなので仕方ない。番組が助長しているのは認めざるを得ないが。
Img_0243
駒込駅が近づき賑やかになってきた商店街は、途中で突如名称が「しもふり」になりびっくり。見ると通りの左右で双方が平行している箇所もあり、これも区界が絡んでると推測して写真を撮った。
Img_0245Img_0246
商店街の出口にはスーパーがあり、名前が「エネルギースーパーたじま」というのが面白かった。地元の店かと思ったらちょっとしたチェーン店だったとは知らなかった。
駅に向かって本郷通りを進むと立派な銭湯もあり、ここは本当に山手線沿線なのか私鉄沿線ではないかと疑ってしまう下町風情。思いつきかつ行き当たりばったりの散歩だったが、最後まで面白かった。
Img_0249Img_0251

より大きな地図で 池袋から駒込まで を表示

後で調べると、
しもふりこと霜降銀座商店街は北区、染井銀座商店街は豊島区で区界で分かれている。共同でイベントも行っている模様。
道は谷田川の暗渠とのことで正解。
染井という地名はソメイヨシノ命名の有力な説であるようだ。
そしてお岩通りは、道の先に妙行寺という四谷怪談のお岩さんのお墓があるお寺があることからついたらしい。

以上、勢いで書いてしまったが、誰もついてこないだろうなぁ。という一日&日記でした。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

アメリカ北東部旅行記1

もう1年以上も旅行記をここに書いていません。すっかり月一回の壁紙作成報告のブログになってしまい、看板(ないかそんなの)に偽りありの状態でした。しかしこのままではいかんと思うこと数ヶ月…ようやっと再開することにしました。
2年以上前のスペイン旅行記が1年前にストップした状況ですが、とりあえず置いておいてcoldsweats01、今年9月に旅行したアメリカ北東部から心機一転してはじめてみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年9月16日(金) 曇り (1日目)
成田→シカゴ
会社に午前中だけ勤務後、スカイライナーで成田空港へ。
チェックインすると出発が早まったとのことで、搭乗ゲートへ行くとすで搭乗が始まっていた。搭乗ゲート前でメールを送ろうと留まっていたら、機内で良いと声をかけられる。そういえば離着陸の瞬間だけ禁止になったのかと思い出す。
着席してしばらく、客室乗務員が来て私の隣席の女性の友人と席を交換してもらえないかと打診される。友人は海外が初めてとのことで、席は足下の広いエコノミープラスだが3人席の中央。まあ仕方ないとOKして一旦はそこに収まったが、新しい隣人は大柄の男性でその人も恐縮しきり。そんなわけで乗務員さんがさらに配慮してくれて、最終的に同クラス席の通路側で隣席が空席の席に移動となった。ラッキー。happy01

14時にシカゴ着。しかし入国審査が長蛇の列で通過まで1時間半もかかり、預けた荷物はベルトコンベアから通路に出されていた。最初わからず少しあせった。
16時過ぎにようやく地下鉄ブルーラインに乗車、jackson駅でレッドラインに乗り換えてホテル最寄りのharrison駅へ。外にでると林立するビルの中を高架鉄道が走るという写真や映像で見たシカゴの風景に興奮した。

ホテルにチェックインして小休止の後に周囲の散策へ。
時代がかった味のあるビル群が良い雰囲気。シカゴ美術館を横目にミレニアム公園へ行き、大型ビジョンや鏡面のオブジェなどを見る。
Img_5161
その後中心部に入ってシカゴ劇場を眺めた後、轟音をたてる高架鉄道に沿ってホテルへ戻った。今日は移動で疲れたので写真は撮らず、ゆっくり見て歩くくことでリフレッシュした。
Img_5213Img_5225
ホテルは建物・内装は少々古いものの部屋は広く、風呂もバスタブ付きで十二分。無線LANはロビーのみでしかも有料だったのは残念だったが。洗濯して風呂に入って22時過ぎに就寝。

※写真は翌日撮影したものです。

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

アメリカ旅行準備&行ってきます

いよいよ週末から旅行へに行ってきます。旅程はおおむね当初の構想通りで、シカゴ→ナイアガラ→ボストン→フィラデルフィア→ワシントンと巡ります。便利な世の中でインターネットで色々と手配できるので、旅を始めた当初から比べると行き当たりばったり度がかなり少なくなりました。happy01

1.ホテルhotel
行くたびに思うのですが、アメリカのホテルは高い。9月という時期も悪いようですが、手頃な値段のホテルがなかなか見つからずに苦労しました。特にボストンの高さは尋常じゃなく2泊は断念。ここら辺の日程はちょっと弾丸です。coldsweats01

2.飛行機airplane
アメリカは格安航空(LCC)が発展した国の一つということもあり、こちらは比較的リーズナブル。調べるとこちらのLCCは世の中のイメージと違って、値段の面のみならずサービスの面でも大手より優れているらしいです。そんなわけで3便中2便をLCCの雄、サウスウエスト航空にしました。

3.メジャーリーグbaseball
シカゴ、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンで観戦予定。そのうちボストンとフィラデルフィアはただでさえ人気が高い上に優勝争いの佳境かつ本拠地最終戦が近いということで、あらかじめ予約しました。
シカゴとワシントンは現地で確保する予定でしたが、直前で面倒になって予約しちゃいました。bleah

4.ガイドブックbook
今回は定番「地球の歩き方・ワシントン」と初の「タビトモ・シカゴ」を購入。ナイアガラとボストンは1日滞在でもったいないので、図書館で地球の歩き方を借りてきてコピーして製本。ついでに「地球の歩き方・シカゴ」も借りて情報を補足しました。じゃあシカゴも歩き方にすれば…というツッコミはご勘弁を。wobbly

ここにきて気分がようやく盛り上がってきました。どうなることやらわかりませんが、楽しんできたいと思います。happy01

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

スペイン旅行記 19

2009年9月16日 水曜日 晴れ一時雨 (5日目 その4)
アルハンブラ宮殿
いよいよアルハンブラ宮殿へ向かう。ヌエバ広場から坂道を上っていくが、これが半日歩き回ったアラフォー男にはけっこうきつく、息を切らせて入場門に到着。ここで日本で予約しておいたチケットを機械で引き替えた。
まずは離れのヘネラリフェへ行こうとしたが、進んでいくと出口にたどりついてしまい、一度引き返す羽目に。なんだか案内がわかりにくい。通称・水の宮殿ということで、建物と絡んだ噴水や池の美しい風景がよかったが、その周囲を飾る庭園の花や緑の美しさも印象に残った。
Img_1586Img_1588Img_1591
Img_1594Img_1596Img_1601
思いのほか時間をとられ、少し急ぎ足でナスル朝宮殿へ。その前にカルロス5世宮殿を見る。ほかがイスラム色なのに対し、唯一欧風。ただ作りかけなだけあって、がらんとした印象。円形の回廊にガイドの声が響いていた。
Img_1619
予約した入場時刻が近づいたのでナスル朝宮殿の列に加わる。入場するなり柱や壁に施されたイスラムの細やかな装飾模様に目を奪われ、思わず感嘆。その複雑な装飾が壁から天井にまで及んでおり、その完成に膨大な月日と作業を要したであろうことを考えてしまう。その見事な装飾の建物に柱廊・水・緑と組み合わされると、その素晴らしさにただただシャッターを切りまくってしまった。
Img_1629Img_1634Img_1645Img_1646
Img_1661Img_1669Img_1671Img_1672
ハイライトのライオン朝宮殿では、ライオンの噴水が残念ながら修復中でガラスケースに覆われた状態だったが、そんな個別のパーツはどうでもよいと思ってしまうほどトータルの満足度が非常に高く、いいものを見た充実感でいっぱいになった。
Img_1664Img_1673Img_1679Img_1680
最後にアルカサバへ。こちらは要塞ということで装飾面では華やかさに欠けたものの、眼下に広がるグラナダの街並みなどの展望が素晴らしかった。
Img_1693Img_1707Img_1698Img_1699
気がつけば19時近く。食事をしようとガイドの店を探している途中、雲行きが怪しい…と思ったら、大粒の激しい雨。傘も役に立たず、お店の軒下に一旦避難。しばし待って少し弱くなったところで、ガイドのお店に飛び込んだ。

| | コメント (0)

2010年10月27日 (水)

スペイン旅行記 18

2009年9月16日 水曜日 晴れ一時雨 (5日目 その3)
サクロモンテ地区とアルバイシン地区
Imgp3411次はサクロモンテ洞窟博物館へ行こうとヌエバ広場でバスを待つ。が、待てどもやってこないのでよく見ると60分間隔とある。朝食のカフェへ行く前に観光客がアルバイシン・サクロモンテ地区への小道を地図片手に歩いていったのを見たし、本数の多いアルバイシン地区へのバスに乗るのはお年寄りばかり。しかもバスは超小型で店員も少ない…ということで歩くことにした。
Imgp3407乗用車1台ぐらいの幅の小道を上っていくと、道中の雰囲気ある家並みやアルハンブラ宮殿の良い写真が撮れたりして、バスに乗るよりかえって良かった。途中でアルバイシン地区への道から別れ、しばらく歩くと白い漆喰で塗られた家々が山の斜面にへばりつくように並んでいるサクロモンテ地区に到着。
その斜面の急な階段をしばし上ったところにあるサクロモンテ洞窟博物館は、斜面に穴を掘って白い漆喰を塗ったクエバと呼ばれる洞窟住居の集落を復元した所。当時の生活の様子を再現した住居に入ると部屋は狭く天井も低いので、やっぱり暮らしにくかっただろうなと思った。
Img_1556Img_1558Img_1564
Img_1566Img_1559Img_1567
サクロモンテとアルバイシンの分岐点まで戻り、そこからアルハンブラ宮殿の展望が素晴らしいというアルバイシン地区のサン・ニコラス展望台へ。複雑に入り組んだ道に迷いながら何とか到着したところは、確かに絵になる風景。ここまでの道すがらや先ほどのサクロモンテからも宮殿は見えていたが、宮殿の全景が見上げたりすることなく自然に視界に入ってきて、評判も納得であった。
Img_1569Img_1571Img_1574Img_1577
調子に乗ってさらに歩いてロナ展望台へ。が、こちらはグラナダの駅方向の町並みとアンダルシアの広野が広がるだけの微妙な展望だった。
Img_1579
少しガッカリし、もう戻るかと地図を見ると、このまま坂を下ればヌエバ広場に到着しそう…と思ったが、その付近は治安が悪いというガイドに書いてあるのと、実際に視界に入る落書きだらけの荒れた風景に恐れをなして、遠回りであったが安全策で行きの道を使ってヌエバ広場に帰った。

より大きな地図で グラナダ を表示

| | コメント (0)

2010年10月18日 (月)

スペイン旅行記 17

2009年9月16日 水曜日 晴れ一時雨 (5日目 その2)
王室礼拝堂とカテドラル
列車が遅れたおかげで逆に観光にはちょうど良くなった。とはいえまだ少し早いので徒歩で20分ほど歩いて旧市街中心部のヌエバ広場へ行って朝食をとカフェへ。ショーケースの上に乗っていたクロワッサンを指さし、コーヒーを注文。今回はミルクを入れてもらった。

Img_1528そのうちに10時半になり、オープンした王室礼拝堂へ行くと結構な人出。ガイドブックによればここはグラナダをイスラム教徒から奪回したイサベル女王と夫のフェリペ2世の墓所として1521年に完成、隣接するカテドラルよりも古く、歴史的・美術的価値も上とのこと。
しかしながら正直あまり印象が残ってない。館内撮影禁止だったのと、墓の地下を覗く部屋で現地の若者に前後を挟まれ、挙動から恐らくはスリだったんだろうな(未遂だが)…と悶々とした考えが退出時に脳みそをしめたことが大きかった。

続いて隣接するカテドラルへ。こちらは1518年に建設開始し1704年まで工事は続けられたが塔は未完成とのこと。入場すると壁・柱・天井の白さ・高さ・巨大さに圧倒される。巨大なのは扉や賛美歌の楽譜?などにも及んでいた。しかし色のせいもあるのか大きさの割には威圧感は少なく、どちらかといえばシンプルな印象を持った。
Img_1532Img_1533Img_1536Img_1539
Img_1538Img_1540Img_1545

Img_1546カテドラルを出てヌエバ広場に向かって歩く。カテドラルの周囲にはお茶の葉を売る露天やお店がいくつか出ていて何だか珍しいと思った。

| | コメント (0)

2010年10月13日 (水)

スペイン旅行記 16

先月2010年の夏休み旅行(オランダ・ドイツ)へ行ってきましたが、もう少し昨年のスペイン旅行記を続けます。

2009年9月16日 水曜日 晴れ一時雨 (5日目 その1)
グラナダ到着
バルセロナから次の目的地、グラナダへは夜行列車で移動する。
スペインは優等列車は列車毎に包括料金が設定されており、ユーレイルのような国内鉄道パスを購入していても事前の予約が必須で、座席指定料が別途かかるため値段的にあまり得ではない、という情報から列車チケットは区間毎に購入することにして、スケジュール上確定している列車は日本からインターネットで予約と精算をした。
で、その包括料金がくせ者で他の交通機関への対抗のためか様々な割引があり、特に事前購入割引のディスカウント率は高いので、ある程度事前に購入するとかなりお得…だったのだが、直前まで日程を検討した結果、そのお得期間を逸してしまったのは大いに悔やまれた。いやだって自分の購入した値段より安く最上位の部屋(※)がとれたんだから。

------------------------------------------------

ホームに下りる前にスタッフに印刷して持参したチケットを見せてチェックイン、その後飛行機のような荷物検査を通る。これは一部の優等列車に共通の流れで、他にはAVE(スペイン新幹線)に乗車するときも同じだった。すなわち時間ぎりぎりで飛び乗ることは出来ない。
ホームではスーツケースや大きなリュックを持った人が沢山待機していた。しばらくして入線した列車はけっこう長い編成。乗車して指定の部屋にはいると上段ベッドもセットされていたので不安になったが、チケットを見てスタッフが片づけてくれた。21時半発車。洗面台を開けると専用ポーチに入ったアメニティグッズがあって持ち帰っていいのか迷ったが、ポーチがあっても使わないので櫛だけ記念にとカバンに入れた。
列車は今日往復したタラゴナへ向かって走っていたが、すでに外は暗くて景色も見えず、揺れる車内で日記も書けないので、早めに横になった。

Imgp3404
6時半にノックの音で目が覚めた。扉を開けるとスタッフから「雨のため30分後にバスに乗り換える」と伝えられ、あわてて着替えと荷造り。外を見ると列車はどこぞの駅に停車中で(写真を撮っておけば良かった)、雨は降っていないようだった。
7時過ぎにバスに乗車、夜明け前の駅から3台のバスが出発した。うとうとしている間に日が昇り、バスは高速道を疾走中。赤茶けた土に低木がぼつぼつと生えている景色が続く。結局、定刻より30分程度の遅れでグラナダ駅前に到着した。
周囲の様子を見ると特に払い戻しとかなさそうなので、駅近くの予約したホテルに行って荷物を預けた。
Imgp3405

※スペイン夜行列車のクラス
グランクラス:2人用個室(1人占有可)。室内にシャワーとトイレがあり、チケット代に食堂車での夕食・朝食が含まれている。私が乗った日の朝食がどうなったかは不明。
プリファレンテ:2人用個室(1人占有可)。室内に洗面台がある。チケット代に食事は含まれず。私はこれに乗車。
ツーリスタ:4人部屋(4人以外で占有不可)。基本的に男女別の相部屋。チケット代に食事は含まれず。
座席:2列+1列のオープンシート

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

スペイン旅行記 15

2009年9月15日 火曜日 曇り時々雨 (4日目 その3)
カサ・バトリョ
Imgp3395タラゴナからバルセロナに戻る次の列車は特別料金不要の快速列車カタルーニャ・エクスプレス。定刻より30分遅れての到着となり、車内も結構な混雑だったが座席には座ることが出来た。今回はサンツ駅の次、パセジ・ダ・グラシア駅まで乗車。効率よくかつ地下鉄代を浮かせて、2日目のバルセロナ観光で行くことの出来なかったガウディデザインの住宅、カサ・バトリョへ。
Img_1310Img_1312Img_1322
平日の夕方ということで並ばずに入れた。ガイドフォンの指示通りに館内を巡る。ここも自然、特に海のものをイメージした曲線的なデザインが多用されていた。ガイドによれば正面外観は海面をイメージし、内部は海面の下にある海底や海底洞窟を建築化したもの、そして設計においては光と風の通りをよくすることにも腐心していたとのこと。美しさも実用性も兼ね備えた個性的な空間に目を奪われながら興味深い見学が続き面白かった。最上階で見学が終了し、出口までの下りに使った当時のままのレトロな4人のりエレベーターも興味をそそった。
Img_1499Img_1500Img_1503Img_1509
Img_1502Img_1511Img_1518Img_1508
これにてバルセロナ観光も終了。ということで2日目と同じバルへ行き腹ごしらえをし、歩いてホテルに戻って預けていた荷物を受け取る。
予約した列車までもう少し時間があったので、バックを引きずりながらレイアール広場(ガウディデザインのガス灯あり)→ピカソ美術館(入場せず)→シウタデリャ公園と歩いてから、地下鉄に乗ってサンツ駅へ向かった。
Img_1525Img_1526

| | コメント (0)

2010年8月22日 (日)

スペイン旅行記 14

2009年9月15日 火曜日 曇り時々雨 (4日目 その2)
水道橋と円形競技場
次は紀元前2世紀に建設されたというローマ遺跡の一つで世界遺産のラス・ファレラス水道橋へ行こうと、バスが発車するインペリアル・タラコ広場へ。ガイドブックに書いてある75番のバスが発着する停留所を探す。が、広場のロータリーを一周しても見つからず。さらに考古学の道を出てから降り出した雨が激しくなり、気分もローになる。
Imgp3392結局、ロータリーにあるインフォメーションへ行って(最初からそうすれば良かったのだろうが)聞いてみると、75番ではなく5番のバスで背後のバス停からとのこと。やられたと思いつつバス停で15分ほど待ち、ようやく現れたバスに乗ろうとすると運ちゃんがダメだという雰囲気を出しているので、インフォで書いてもらった系統名とバス停名を見せる。と、そのバスは向かい側から出ると言っている風。再度やられたと思いつつ、しかし先ほど1周した成果で迷わずそのバス停へ。するとしばらくしてその運ちゃんのバスが戻ってきて、運ちゃんも親指立ててOKのうなずき。乗り込むと最寄りのバス停で止めると言っている風なので、出口付近で待機。市街を出てバイパスの途中といったところで、運ちゃんが右方向を指さして止まったので、お礼を言って下車。雨もやんでいた。

わかりにくい標識に惑わされながらも、ようやく到着した水道橋はなんと2011年までの長期にわたる工期で修復工事中で近づけないようになっていた。奥手右半分は足場に覆われていたが、眺めたり写真を写すには、まあなんとかなる範囲。雰囲気は考古学の散歩道より全然良い。ガイドブックの写真から大きくて立派なものを想像していたが、意外と細身。歩いて渡れるとも書いてあったが、正直御免こうむりたい感じだった。
Img_1470Img_1472
ここに来るまでの苦労もプラスされ、十分に満足してバス停へ。が、下車したバス停の向かい側はコンクリのがっちりした中央分離帯があって渡れない。通過していくバスも見えたが止まる様子もなく高速で突っ走っており、バス停も見あたらない。仕方なくスペイン語会話本から単語を書き写して街に戻りたい旨の文章のようなものを作り、下車したバス停にやってきたバスに乗って運ちゃんに聞く。と、これで良いということなのでそのまま座ってると、バイパスを少し走って横道にそれて住宅街に入り、そこをぐるっと廻ってお客が乗降、再びバイパスに入ると水道橋前にバス停はなく高速で通過、市街に戻るというルートで、行きよりだいぶ時間がかかった。

中央分離帯が広場状になっているメインストリートらしいランブラ・ノバを歩く。祭りが近いようで所々準備をしていた。通りの終点が地中海のバルコニー。朝の雨よりは曇りの今の方がいいだろうとあらためて撮影。
Imgp3389Img_1475
そして雨の朝は飛ばした1世紀頃の建設のローマ遺跡である円形競技場へ。イタリア・ローマよりだいぶ小さいながら、多くの部分が当時の形を残しているその雰囲気に大満足。いろんなアングルで写真を撮り、自分には珍しく階段を利用したセルフ撮影までした。
Img_1478Img_1479Img_1487Img_1491
ここでタラゴナ見物は終了。人出も少なく、落ち着いた街の雰囲気といい、遺跡など古いものの残り具合といい、見所満載の満足いく観光になり、本当にいいところでした。ここはお薦めです。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

スペイン旅行記 13

2009年9月15日 火曜日 曇り時々雨 (4日目 その1)
タラゴナ旧市街
Imgp33767時過ぎにチェックアウト、フロントに荷物を預けてサンツ駅へ向かう。8時の急行列車に乗車して本日の目的地タラゴナへ。タラゴナは紀元前3世紀にローマ人によって築かれた古都で、今もその遺跡が多く残されていて世界遺産にも登録されている、ということで楽しみにしていたのだが、9時にタラゴナに到着したところで本降りの雨。しかも下車したところに屋根がなく、駅舎めがけて走る羽目に。
Img_1430駅構内でツナサンドとコーヒーの朝食をとり、傘をさして出発。坂道を登ってまずは地中海のバルコニーという展望台へ。雨で遠くの展望はきかないが遺跡と地中海をからめた写真を撮った。
次にバルコニーにほど近いローマ遺跡である円形競技場へ行く予定だったが、雨をやり過ごそうと思い予定変更で考古学博物館へ。扉を開けると本日第一号の入場者、そして平日は無料とのことでラッキー。見学を開始して程なく係員に声をかけられ、タラゴナ遺跡についての映像があるというのでこれも一人で見る(どうやら予定を変更してやってくれた模様)。その後あらためて遺跡の出土を中心とした館内の展示を見学。特に大小様々なモザイクが充実しており、模様の細やかさや大きさに感嘆した。
Img_1432Img_1439Img_1444
Img_1447Img_1450Img_1451
大満足の見学が終わるとちょうど雨もやんだので、そのまま旧市街の細道をカテドラルに向けて歩く。所々に遺跡も残る道中の古い町並みが雰囲気がありすぎて、何枚も写真を撮ってしまった。
Img_1453Img_1455Img_1456Img_1457
カテドラルはローマ遺跡ではなく15世紀の完成。入場すると英語のガイドフォンを手渡されたが、予想通り一つ一つの説明が長く、面倒なのですぐにやめた。内部は巨大で天井も高い。しかし主祭壇の区画と横の通路を壁で仕切っているせいか、閉鎖的で重量感のある印象。そして司教の権力が大きかったのか、宝物のコレクションも多かった。
Img_1458Img_1461
カテドラルを出て再び趣のある小道を歩いて、旧市街の城壁に沿った遊歩道である「考古学の道」へ。しかし入場すると古い城壁を花と緑で飾っただけの、こぎれいに整備されたところで、遺跡がごろごろしているイメージを持っていた自分としては、正直がっかりした。
Img_1468

より大きな地図で タラゴナ を表示

| | コメント (0)

より以前の記事一覧